2018年05月30日10時00分

手軽に映画没入「Oculus Go」でNetflixやAmazonプライムビデオを観るべき

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
OculusGo
OculusGo
OculusGo
吹き抜け天井の広いシアタールーム。左上の「VOID」のロゴマークは、単なるロゴマークではなくVOIDモードに切り替えるためのボタンになっている。左の窓には冠雪した山脈が見え、豪奢な別荘といった雰囲気にあるデザイン

VOIDモードのフルスクリーン表示で動画の世界に没入

 より映画に没入したいなら、VOIDモードでスクリーンのみの表示に切り替えるのがオススメです。VOIDモードに切り替えるには、スクリーン左上の「VOID THEATER」をポインターで選択します。

 VOIDモードには、乗り物などで方向が変わっても視点が動かないよう固定する「トラベルモード」、画面を拡大縮小する「サイズ調整モード」、表示位置を調整する「位置調整モード」の3つのモードがあります。ベッドに寝転んでみるときは、視点が上向きになるので「位置調整モード」でスクリーンの表示位置を上側にし、寝返りを打っても視点が変わらないように「トラベルモード」をオンにすると見やすくなります。

OculusGo
VOID THEATERに切り替えて、画面サイズを拡大すると迫力がさらにアップ

非VRコンテンツ用ビューワーとしてもコスパ十分

 Oculus Riftと異なり、ポジショントラッキングには対応しないので、座ったままの視聴が基本です。空間を歩き回るコンテンツでは遊べませんが、2560×1440ピクセルの大画面は臨場感があり、動画ビューワーとしては十分楽しめます。私のようにVRは酔っちゃうから苦手、という方にはむしろオススメです。

 難点は、バッテリーの持続時間が約2時間30分と短いこと。USB給電なので、モバイルバッテリーなどを使うといいかもしれません。

 ブラウザーを使えば、YouTubeやAmazonプライムビデオの視聴もできます。現在はフルスクリーン表示ができないので、専用アプリの登場に期待したいです。

OculusGo
OculusGo
Amazonプライムビデオを視聴するには、ブラウザーを「デスクトップモード」にする
OculusGo
ブラウザーではウェブ検索やFacebookなどのSNSが使える。ただし、キーボードが日本語入力に対応していないのが残念

 ちなみに、私のお気に入りは、自宅の駐車場のクルマの中での動画視聴です。ちょうど映画館のシートのような座り心地で遮音性もあり、Wi-Fiの電波も届くので快適なのです。家族や他人の目を気にせず、リラックスして過ごせます。ベッドに寝転んで大画面の動画やゲームコンテンツが楽しめるので、出張のおともにもぴったり。パートナーのプレゼントにオススメしたいです。

OculusGo
自宅の駐車場のクルマの中での動画視聴が、筆者のオススメ!

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking