2018年05月22日11時00分

オンライン診療システム「YaDoc」、富士通など5社と連携

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
y

 インテグリティ・ヘルスケアは5月21日、医療機関の有用性・利便性向上を目的として、オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」と電子カルテとのシステム連携をするとともに、医療機関への普及に向けた取り組みを開始した。連携するのは日立ヘルスケアシステムズ、ビー・エム・エル、PHC、富士通、湯山製作所の5社。

 YaDocは、患者が疾患に合わせて治療に必要な項目を自分で管理して記録し、医師が患者の状態変化を継時的に見られるオンライン診療システム。

 今回の電子カルテメーカーとの連携により、各社の電子カルテを導入している診療所はYaDocの利用が可能になる。電子カルテを閲覧・記録しながらオンライン診療を実施する環境を整えていくことで、オンライン診療のさらなる普及を期待しているという。

 同社は、医療情報管理における医療機関の有用性・利便性向上により、オンライン診療システムYaDocの普及と、IC活用による医療の質的向上を目指すとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking