2018年04月28日12時30分

サーモスが真空技術用いたイヤフォン&ヘッドフォンの仕様発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
あああ
サーモスが4月28日、中野サンプラザで開催中の「春のヘッドフォン祭 2018」で、VECLOSブランドの新製品を発表

真空エンクロージャー採用のオーディオ6製品

 サーモスが4月28日、中野サンプラザで開催中の「春のヘッドフォン祭 2018」で、VECLOSブランドの新製品を発表した。

 Passionate Silenceという新しいコンセプトを採用し、ロゴも刷新。ヘッドフォンは筐体にチタンを採用した「HPT-700」およびステンレスを採用した「HPS-500」の2製品、イヤフォンは筐体にチタンを採用した「EPT-700」「EPT-500」およびステンレスを採用した「EPS-700」「EPS-500」の計4製品をリリース。

 ヘッドフォン、イヤフォンともに、同社の特徴でもある「真空エンクロージャー」を採用。大気との圧力差により、聴力を発生させ、剛性を増大させるちう効果があるとする。

あああ
左がHPT-700、右がHPS-700

 剛性が高まることによって、空気が押し返す力によるドライバーの意図しない駆動を避け、ドライバーの本来の能力を活かせるという。これによって、明瞭な定位感が得られるとする。

 デザインは、機能を優先した最小限の要素で造形することをテーマとし、ビジュアルイメージとして、自動車のシフトレバーや電球、白金カイロ、カメラのレンズといったものが紹介された。

あああ
イヤフォンは各素材2モデルの計4モデル
あああ
右がステンレスモデル、左がチタンモデル。素材感が異なるのがわかる

 イヤフォンはいずれもフルレンジのBAドライバーを搭載、ヘッドフォンはダイナミック型のドライバーを搭載する。各ドライバーの仕様などは現時点では明かされなかったが、700が上位モデルとなるほか、ステンレスモデルにはシルバーコーディングのケーブルが採用されること、市場想定価格はミドルレンジクラスになることが知らされた。発売は2018年の夏季を見込む。

スピーカー+DACのオーディオシステム

 あわせて、デジタルオーディオシステム「SSB-380S」も発表。

あああ
スピーカーを搭載したオーディオシステム

 52mmのフルレンジコーンを左右1基ずつ搭載し、有線接続/Bluetoothのスピーカーとして使えるほか、DACチップとして「AK4490EN」を搭載し、USB-DAC兼ヘッドフォンアンプとしても使用できる製品。

あああ
USB-DAC兼ヘッドフォンアンプ部

 対応フォーマットはDSD 11.2MHzまで、PCMは最大766kHzまで。Bluetoothの対応コーデックはSBC、AAC、LDAC、apt X。こちらも価格と発売時期は現時点で不明だが、近日中に詳細が発表される予定だ。

 担当者は、「小型のスピーカーからスタートしたブランドだが、音の明瞭感が特徴だと思っていたので、イヤフォン、ヘッドフォンとは相性が良く、早く参入したいと思っていた」とコメントした。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking