2018年03月22日15時30分

ハイセンス傘下の新生「レグザ」が4K放送対応をいち早く表明、4Kチューナーも発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
東芝
4K放送への対応に力を注ぐ「レグザ」

 中国のハイセンス傘下で、大画面テレビ「レグザ」を手掛ける東芝映像ソリューションは3月22日、12月1日に開始される4K放送についての対応について説明会を開催した。

 今回は具体的な製品の発表はないが、4K放送についての対応を競合他社に先駆けて表明している。

東芝
4Kチューナーのモックアップ
東芝
背面端子。まだ開発中で、ACアダプター端子が備わる予定
東芝
説明を行なったVS第一事業部 TV商品企画担当 参事の本村裕史氏

 まず、今年の秋ごろを目標に4K放送用外付けチューナーを発売する。価格は5万円を切るぐらい、とのこと。

東芝
開発中の4Kチューナーの概要
東芝
録画にも対応する

 8K放送には対応せず、4K放送のみの対応となる。シングルチューナーで、USB外付けHDDを増設することで4K番組の録画が可能。ダビング10に対応し、2TBの容量なら88時間分保存できるという。

東芝
HDMIがHDR(HLG)に対応しているテレビなら完全に対応できる

 当然ながらチューナーは4K解像度、BT.2020の色域、HDR(HLG)に対応しており、これらに対応するテレビであれば完全な形で視聴が可能。同社のテレビでは有機ELテレビの「X910」や、「Z810X」「BZ710X」「M510X」といった新しい液晶テレビは対応する。

 それ以外のテレビについても、HD解像度やBT.709の色域、SDRでの出力に対応しているため、接続機器に応じた信号で表示ができる。

東芝
同社の過去・現在4Kテレビと4Kチューナーの対応表。4KテレビでもHDCP 2.2入力に非対応だとHD解像度となる点に注意

 このあたりについては、同社がこれまで発売した4Kテレビについての詳細な対応表も公開した。

外付けチューナーさえ用意すれば4K放送の視聴は可能

東芝
アンテナ設備を刷新すればすべて4K放送が受信できるが……
東芝
従来のアンテナ設備でもキー局の4K放送は受信可能

 なお、4K放送は現在のアンテナ設備でもNHKやBS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ、BS日テレの6チャンネルについては受信が可能で、テレビやアンテナ設備を刷新しなくても、このチューナーさえ増設すれば「4K番組を視聴することは可能」としている。

 もちろん、4Kチューナー内蔵テレビも現在開発中とのことで、時期は未定だが発売するとのこと。8K対応テレビについては現在のところ製品化の予定はないようだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking