2018年03月22日15時00分

日立、扇風機2018年モデルはDCモーター搭載機を充実

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
日立扇風機2018年
日立扇風機2018年モデル

 日立コンシューマ・マーケティングは3月22日、機能充実を図ったDCモーター搭載ハイエンドモデルなど、扇風機6機種を発表した。4月中旬に発売する。

 ハイエンドモデルの「HEF-DC6000」(ハイポジション扇)では、DCモーターの特性である低速回転を活かした穏やかなやさしい「微風」(うちわ風)を実現したという。これまで扇風機の風を苦手とする人や子供などにも安心して利用できるとしている。温度センサーを搭載しており、室温を感知しながら「つよめ」「よわめ」の風量を切り替えが可能。また、リモコン操作で左右の風向きの調節が可能。

 6機種のうち4機種をDCモーター搭載モデルとしている。HEF-DC6000は8段階、そのほかのDCモーター搭載のリビング扇および縦型スリムファンは6段階、ACモーター搭載のリビング扇は4段階の風量調節が可能。価格はいずれもオープンプライス。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking