2018年03月19日19時00分

池袋から始まるeSportsの世界

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
LFS

 海外では高額なプロ大会も開催されていることで話題になっているeSports。複数あった協会がJeSU(日本eスポーツ連合)として1つにまとまり、海外に比べて出遅れていたeSportsの環境を整えようとする動きが国内でも本格的になりつつある。

 そんな中、高性能なゲーミングPC「GALLERIA」(ガレリア)を開発・販売し、コンピューターショップ「ドスパラ」で展開販売していしているサードウェーブが、eSportsを楽しむためのスペース「LFS 池袋 eSports Arena」(以下:ルフス)を4月上旬にオープンすると発表した。

 場所は池袋東口を出て徒歩数分。GALLERIAを最大100台設置可能な上、24時間営業で気軽にPCゲームが遊べる場にする。1000円あれば3時間遊べる程度の低料金にするという。さらに様々なeSports関連のイベントや大会運営を考慮したゲームスペースでもあり、実況配信設備やプロチームの対戦に配慮した防音仕様の選手ルームなども備えている。

LFS

 このルフスの狙いはeSportsにおける新しいコミュニケーションの場の創出だ。サードウェーブを訪問し、常務取締役の榎本一郎氏にルフスについていろいろお伺いして分かったのは、決してeSportsが流行り始めたから開設するわけでも、パソコンを売ることを主目的として運営するわけでもないということ。

 榎本氏は、日本アイ・ビー・エムのPC事業部でAptivaシリーズの拡販に携わったのち、DELL、日本エイサーといった外資系企業でPC販売事業の重要なポストを歴任。日本のPC市場を30年近い年月にわたって見続けてきた人物で、代表取締役の尾崎健介氏に口説かれて、サードウェーブに加わった。今回のインタビューでは同社がルフスを通じて描く、日本のeSportsの将来や夢などを語っていただいた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking