2018年03月15日12時00分

開ける2画面スマホ「M Z-01K」キワモノだが進化している

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホのデザインといえば、フルフラットかエッジが丸みを帯びているかといったくらいで、各社とも似たような形状が続いていた。そこにひょっこり現れたのが2画面スマホ「M Z-01K」だ。ドコモとZTEの共同開発したことが話題を呼んだ。かつて登場した「MEDIAS W」の遺伝子が濃く残る端末で、SoCの性能が上昇した2018年現在なら良好な端末といったイメージで、購入を検討している人もいるだろう。

 そこで今回は4回に分けて、M Z-01Kは買いなのかをチェックしていく。

1回
ドコモの春モデルとして登場した「M Z-01K」(ZTE製)

 M Z-01Kは、2つのディスプレーを持っている。従来のスマホの裏面にもディスプレーがあり、外側に開くことで1つのディスプレーとして運用したり、各画面ごとに異なる情報を表示したりと、ちゃんとしたマルチタスクが可能なのが特徴だ。表と裏のディスプレーは、それぞれ5.2型。開いた場合は約6.8型になる。カメラのある側がメイン画面、裏面に相当する側をサブ画面と識別しており、機能アイコンを見るとA画面、B画面と呼ばれている。

1回
A画面だけ使用する「通常モード」
1回
それぞれの画面で異なるアプリを実行できる「2画面モード」
1回
A画面と同じ映像をB画面に表示する「ミラーモード」
1回
ひとつのディスプレーとして使用する「大画面モード」

 以上のように4つのモードがあり、シーンに応じて使い分けていくことになる。この点は次回以降で触れるが、クセがあるのは2画面モードくらいだ。

 本体サイズは151mm×72mm×12.1mm、重量約226g。2017年以降のスマホと比べてみると、厚みと重量がある。これはもちろん、ディスプレーがふたつあるのと、変形機構によるものだ。ちなみに開いた状態でカメラのある側は厚み約8mmで、持つ場合は基本的にこちらにあるだろう。

 正面にはカメラとLEDがあり、また受話口はスピーカーを兼ねている。背面にはディスプレーのみ。右側面にヒンジがあるため、左側面にボタン類が集中している。ボリュームボタンと電源ボタン、ファンクションボタンがあり、電源ボタンは指紋センサーを搭載とdocomoの生体認証サービスに対応。ファンクションボタンは、長押しでカメラアプリが起動、2回連続押しでスクリーンショット実行となっているが、いまのところ変更できる設定項目はない。今後のアップデートに期待だ。

1回
本体上部。ヘッドフォン端子のサブマイクがある
1回
本体下部。左からマイク、USB Type-C、スピーカー
1回
左側面にはファンクションボタン、電源スリープボタン、ボリュームボタンがある
1回
右側はヒンジ
1回
カメラとLEDライトのある側がメイン画面
1回
普通のスマホ形態

 また変形するため、自立させやすい。2in1のようにテント側で自立させたり、L字型にしても自立させることができるほか、ディスプレーに引っかけておくともできるため、PCのサブディスプレー的に使いたいときに周辺機器を使用しなくても済む。このあたり、M Z-01Kの便利なところだといえるだろう。

1回
PCとセットの運用がやりやすい
1回
1回
ディスプレーに引っかけても安定する
ドコモ「M Z-01K」の主なスペック
メーカーZTE
ディスプレー5.2型液晶×2
画面解像度1080×1920ドット×2
サイズ約72×151×12.1mm
重量約230g
CPUSnapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXC(最大256GB)
OSAndroid 7.1
最大通信速度下り最大500Mbps
VoLTE
無線LANIEEE802.11ac
カメラ画素数リア:2030万画素
バッテリー容量2930mAh
FeliCa/NFC×/×
ワンセグ/フルセグ×/×
防水/防塵×/×
生体認証○(指紋)
USB端子Type-C
連続待受時間(LTE/3G)約410時間/約440時間
連続通話時間(LTE/3G)約980分/約640分
カラバリBlack

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking