2018年03月06日11時30分

IoTセキュリティー機能を内蔵したSIMの開発がスタート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
d2

 大日本印刷とNTTコミュニケーションズは3月5日、通信データの暗号化などIoT機器のセキュリティーを向上させる機能を追加した、SIMおよびeSIMの開発を発表した

d3

 開発するSIMは、モバイル回線の加入者を認証する機能や、暗号鍵などのデータを用いたIoT機器の識別や認証、通信データの暗号化と真正性の確認、ソフトウェア改ざんなどの不正を検知するセキュリティー機能を備えている。ICチップ内にセキュリティー機能を実装することで、物理攻撃や暗号を不当に解読するサイドチャネル攻撃、機器内部のハードとソフトの構造に対する解析、改ざんに対する耐性が強いとする。

 さらに今後はIoT機器に搭載するOSやアプリケーションの改ざんを防止するために、SIMチップ内で管理する秘密鍵やホワイトリストを用いて、署名検証やIoT機器のセキュアブートの機能を持たせるという。

 2社は今後、共同でセキュリティー機能付きSIMに関する市場調査や検証を進めるという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking