2018年03月05日09時00分

ガイドも常駐 Fitbit初スマートウォッチ「Ionic」レビュー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fitbit
スクエアのディスプレーで、どことなくPebbleの面影を残す「Ionic」

 2018年1月18日に日本発売したFitbitのタッチスクリーン スマートウォッチ「Fitbit Ionic(フィットビット アイオニック)」。Fitbitのもつ健康とフィットネスにおける専門知識の蓄積と、低価格でシンプルな使いやすさとSDK公開によりパーソナライズできることで人気となり、その後Fitbitに買収された「Pebble」の双方の魅力をいいとこ取りをしたような製品だ。

Fitbit
計測できるトレーニングはランニングや自転車など複数ある

 Ionicは、フィットネス好きのための機能を数多く搭載している。たとえばトレーニングの記録は自動化されており、ランニングや水泳といったトレーニングを始める前に、アプリを起動しスタートボタンを押す作業は不要。加速度センサーやGPSなどの機能より、トレーニングが始まったことを自動で検知。ログを取り始めてくれる。

Fitbit
手動で計測を始めてもオーケーだし、自動で計測スタートもしてくれる

 さらに信号などで停止した場合は、自動で記録を一時停止してくれるので、より正確なデータが収集可能となっている。

Fitbit
コーチしてくれるトレーニングは複数のメニューが用意されている
Fitbit
トレーニングの仕方をガイドがアニメーションで教えてくれるのでわかりやすい

 またランニングや自転車といったトレーニングの記録以外にも、ワークアウト用のアプリ「Fitbit Coach」がインストールされている。画面上にエクササイズの内容が表示されるので、ガイドに合わせてカラダを動かせばオーケー。トレーナーがいなくても正しくカラダを動かし、しっかりとトレーニングできるのはおもしろい。

 本体にGPSアンテナを搭載しているスマートウォッチは、ガーミンやカシオが発売しているものの全体的には少なく、位置情報を記録するためにはスマートフォンがそばに必要。しかしIonicは本体にGPSアンテナを搭載しているので、単体での位置情報記録が可能。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking