2018年02月22日10時00分

リコーがISO 819200で撮れるフルサイズ一眼「PENTAX K-1 MarkII」発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
K-1

 リコーは2月22日、フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Mark II」を発表した。4月下旬発売予定で、ボディーのみの予想実売価格は25万円前後。

K-1
K-1
本体外観はほぼ一緒。4本のアームで上下左右に角度を変えられる背面モニターも健在
K-1
本体上面。ダイヤルの機能を別のダイヤルで設定する「スマートファンクション」も従来通り
K-1
K-1
本体側面。SDメモリーカードスロットはデュアル。ボディーは防塵・防滴仕様だ

 2016年発売の「PENTAX K-1」の後継機種。撮像素子は従来と同じ有効約3640万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを採用。画像処理エンジンも従来と同じ「PRIME IV」を搭載する。

 ただ、新機種はアクセラレーターユニットを搭載することでノイズを低減。感度設定は従来の最大ISO 204800からISO 819200まで設定可能となった。

 ボディー内手ブレ補正「SR II」も従来通り搭載。これを利用して画素ずらしで4回撮影・合成し、解像感を高める「リアル・レゾリューション・システム」が進化し、手持ち撮影に対応した「リアル・レゾリューション・システムII」となった。

 連続撮影時のわずかな揺らぎを利用して合成をすることで手ブレ補正機能との併用を可能としている。

 撮像素子はローパスレス仕様だが、設定でセンサーを微小駆動させることでローパスフィルターの効果を付与できる「ローパスセレクター」も従来通り搭載。

 連写速度は最高4.4コマ秒、動画撮影はフルHDまでとなる。

 製品はボディー単体のほか、「HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR」レンズが付属するキット(予想実売価格 31万円前後)も用意する。

 なお、同社では従来機のK-1を有償(5万4000円)でPENTAX K-1 Mark II相当にアップグレードする期間限定サービスを実施する。受付期間は5月21日から9月30日まで。

 実機を修理窓口に持ち込むか郵送することで、7~10日ほどでアップグレードが完了する。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking