2018年02月20日13時00分

主力「MDR」後継や7.1chヘッドフォンなど ソニー春のヘッドフォン新製品が面白い

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニーヘッドフォン

 ソニーは2月20日、同社主力モデルの「MDR」シリーズ後継機など、ヘッドフォン新製品を発表した。

ソニーヘッドフォン主力モデルがより高音質になって登場

ソニーヘッドフォン
「MDR-1AM2」。カラーはブラックとシルバーを用意

 ソニーヘッドフォンの主力モデルとして販売されてきた「MDR-1A」に代わり、「MDR-1AM2」が3月10日に発売される。予想実売価格は3万2400円前後。

 MDR-1Aは有線型、ワイヤレス型、ノイズキャンセリング型、DAC内蔵型など複数のラインナップがあったが、MDR-1AM2は単機能の有線型のみとなる。

ソニーヘッドフォン
ドライバーユニットの分解図
ソニーヘッドフォン
グリルはフィボナッチパターンを採用
ソニーヘッドフォン
形状を変更した振動板

 ドライバーユニットを新開発。最上位機種「MDR-Z1R」にも採用されてているフィボナッチパターンのグリルを採用し、なめらかな超高域特性を実現する。

 振動板は従来と同じくアルミニウムコートを施したの液晶ポリマーを採用。ただし、ドーム部の剛性を高めるための形状を変更した。大きさは40mmとなる。

ソニーヘッドフォン
デザインも若干変更されている
ソニーヘッドフォン
やや縦長になったイヤーパッド

 重量が約225gから約187gに軽量化されたほか、イヤーパッドの形状も変更。縫い目が耳の周りにあたらないようになっている。

ソニーヘッドフォン
バランスケーブルが付属する

 バランス接続にも対応しており、バランスケーブルを同梱。また、スマホ接続用のマイク&リモコン付きケーブルも同梱される。

低価格なワイヤレス製品も登場

ソニーヘッドフォン
「WH-CH700N」。3色のカラバリを用意する

 3月10日発売予定の「WH-CH700N」(予想実売価格 2万円前後)と「WH-CH400」(同6000円前後)は、ワイヤレスヘッドフォンのスタンダードモデル。

 CH700Nはノイズキャンセル機能を搭載するが、従来モデル(MDR-ZX770BN)よりもその性能が向上。チップを変更し、チューニングを行なっている。

 また、バッテリー駆動時間が13時間から35時間になり、同社スマホアプリ「Sony Headphones Connect」でのコントロールに対応。SiriやGoogleアプリのボイスアシスタント機能にも対応する。

 接続はBluetoothで、従来からのSBC/AAC/aptXの加え、より高音質なaptX HDにも対応。さらに、圧縮音源を高音質化するDSEEも利用可能だ。

ソニーヘッドフォン
「WH-CH400」。30mmのドーム型ドライバーを採用

 CH400は耳のせタイプのエントリーヘッドフォンで、BluetoothコーデックはSBCとAACに対応。はハンズフリー通話用のマイクを内蔵する。

ソニーヘッドフォン
「WI-C300」。9mmドライバーを採用。約8時間の再生が可能だ

 このほか、ワイヤレスイヤフォンのエントリーモデル「WI-C300」も同時に発売する。予想実売価格は6500円前後だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking