2018年02月09日17時00分

20万円台で4K HDRに対応 ベンキューの最新プロジェクターに注目

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ベンキュー

 ベンキュージャパンは2月9日、ホーム向け4Kシネマプロジェクター「HT2550」の発表会を開催した。

ベンキュー
「HT2550」
ベンキュー
本体前面に「4K HDR」の文字が
ベンキュー
本体背面の入力端子部

 HT2550は2月12日に発売が予定されているプロジェクター。予想実売価格は22万円前後だ。製品自体は2017年12月に発表されているが、今回実機のデモンストレーションなどが行なわれた。

 4K解像度の投影が可能でHDR(HDR 10)にも対応。4Kプロジェクターとしては世界最軽量という約4.2kgという軽さも特徴だ。

 投写方式はDLPで、輝度は2200ルーメン。3D表示にも対応するほか、4Kアップスケーリング機能も備える。

ベンキュー
参考展示されていた「HT8060」
ベンキュー
側面の端子部

 発表会場には、同社が今後発売を予定している上位モデル「HT8060」も参考展示されていた。

ベンキュー
HT8060にはこのような証明書が1台1台同梱される

 HT8060も4K HDRに対応するプロジェクターだが、こちらはTHX HD認証を取得。製造過程で製品を1台1台チェックして調整。画質に関する評価証明書も添付されるという。60万円前後で発売する予定だ。

ベンキュー
今回発表された製品の立ち位置

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking