2018年01月22日15時30分

ソーシャルロボット「ユニボ」割り込み発話機能を搭載

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ub

 フュートレックは1月18日、ユニロボット提供のソーシャルロボット「unibo(ユニボ)」にて、「バージイン」(割り込み発話)機能を実現する音響技術が採用されたと発表した。

 バージイン機能は、ロボットが話している途中にユーザーが割り込んで話しかけても、ユーザーの声を音声認識できるというもの。ユーザーはロボットが話し終わるのを待つ必要がなく、人間と会話をする時のようなタイミングで、ロボットに話しかけられる。

 ユニボには、2017年10月から同社の高精度音声認識システム「vGate ASR」が搭載されている。ユニボと利用者の会話をより快適にするべく、今回の音響技術(エコーキャンセラー)が採用された。

 ユニボは、人間との対話を可能としたコミュニケーションロボット。顔認識機能でユーザーの顔を覚え、会話の中でその人の趣味や嗜好を学習する。また、自然言語でテレビや冷房など家電のオン/オフも可能としている。ユニボストアから購入可能なほか、アスキーストアでも取り扱っている。

■関連サイト

ASCIIが贈るIoT/ハードウェアのビジネスマッチングイベント開催!
3/22『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』

 2018年3月22日(木)に東京・赤坂インターシティコンファレンスにて、IoT/ハードウェアの最先端スタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンス+ネットワーキングイベントを開催します。ブース出展企業の募集を開始しました。(1/31締め切り)

IoT&H/W BIZ DAY 5

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking