2018年01月18日07時00分

こんなものまで声で操作、CESで発見した音声操作の“意外な家電”

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

独自プラットフォーム展開含め、毛色の違った韓国2大メーカー製品

 LGエレクトロニクスもスマートスピーカーを発売する。

CES_SmartSpeakers
LGのGoogle アシスタントを搭載するスマートスピーカー「WK7」

 LGについてはこの後で触れるが、CESのタイミングで独自のAIプラットフォーム「LG ThinQ(シンキュー)」の立ち上げを宣言した。

CES_SmartSpeakers
LGは独自のAIアシスタントによるプラットフォーム「LG ThinQ」を発表

 3年ほど以前からインターネット対応のスマート家電を「SmartThinQ」というプラットフォームにつないで、スマホアプリからコントロールできる機能をアピールしてきた同社だが、いよいよ独自のディープラーニングエンジンやボイスアシスタントを乗せて“考える家電”への進化を加速させる。

 自前のAIプラットフォームを搭載するスマートスピーカーは既に韓国や欧州で発売しているのだが、今回のCESではさらにグーグルとのパートナーシップを強化していく方針も示し、Google アシスタント搭載のスマートスピーカー「WK7」を発表した。

 LG独自のThinQとハイブリッドで対応する。特徴はスピーカーの設計や音質のチューニングを英メリディアン・オーディオが担当していることだ。

ヘッドホン・イヤホンもAIアシスタント対応が加速する

 ヘッドホン、イヤホンにもAIアシスタントを搭載する製品が数多く発表されたことは先のレポートを参考にして欲しい。日本でいち早く試せるようになる製品はおそらく2月中旬発売予定の「Jabra Elite 65t」になるだろう。AlexaとGoogle アシスタントにハイブリッドで対応した完全ワイヤレスイヤホンだ。

CES_SmartSpeakers
Jabraの完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」はマルチAI対応

 ソニーも昨年発売の1000Xシリーズの3機種がソフトウェアアップデートでGoogle アシスタント対応になる予定。対応機種は「WM-1000XM2」「WI-1000X」と「WF-1000X」のほか、h.earシリーズの「WH-H900N」だ。国内での対応については正式なアナウンスを待ちたい。

CES_SmartSpeakers
ソニーの1000Xシリーズの最新モデルもファームウェアのアップデートでGoogle アシスタント対応になる

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking