2018年01月16日15時00分

独自AIのスマート家電など盛りだくさん CESのLGブースレポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

液晶ディスプレーや軽量ノート、ロボットなども展示

LG
4K(3840×2160ドット)表示の31.5インチNano Cell ディスプレー「32UK950」

 PC向け液晶ディスプレーも12月に発表されたばかりの「32UK950」を展示。Nano Cell ディスプレーにより色の再現性が高いのが特徴だ。

LG
Thunderbolt 3ケーブルでお互いをつなげてデュアルディスプレー環境が作れる
LG
「32UK950」の背面にあるポート類。Thunderbolt 3端子は入出力で2つ
LG
21:9の超ワイドな「34WK95U」。こちらもNano Cellディスプレーになっており、34インチで5120×2160ドット

 さらにThunderbolt 3デイジーチェーン接続もサポートしているので、2台を1本のThunderbolt 3ケーブルでつなげるだけで、デュアルディスプレー環境を構築できる。

LG
「gram」シリーズの最新モデルで13インチ、14インチ、15インチの3つをラインアップ
LG
15インチモデルの「15Z980」は、タッチディスプレーながら1097.7gと軽量

 そのほか日本でも発売されているPC「gram」シリーズの最新モデルも展示。サイズの割には非常に軽量というコンセプトはそのままで、引き続き日本でも発売が期待されそうだ。

 また、ロボットの展示も多く、「CLOi」というブランド名で空港やスーパーなどで荷物を運ぶ大型のロボットから、コネクテッドデバイスとなる家庭向けの小型ロボットが展示されていた。

LG
大型のCLOi3兄弟は主に商業施設などで稼働
LG
空港用の掃除機ロボット。SF映画に出てきそうなフォルムだ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking