2018年01月08日11時01分

Radeon入ってる第8世代Core&NUCを正式発表、Max-QのGTX 1060を超える

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Vega M GLの性能はGeForce GTX 1050の最大1.4倍

ASCII
Vega M GLの位置付けはWindows Mixed Reality(MR)、ゲーミング、コンテンツ制作などに使えるクラス。搭載CPUのTDPは65Wと比較的省電力なモデル。

 Vega M GLはVega M GHの下位にあたり、ターゲットはWindows Mixed Reality、ゲーミング、コンテンツ制作など幅広い用途で使われることを想定しています。一方で、高負荷なVRやゴリッゴリのゲーミング用途はVega M GHに譲るようです。

ASCII
Core i7-8550UとGeForce GTX 1050を搭載したゲーミングノートPCと、Vega M GLを内蔵するCore i7-8705G搭載モデルを比較した結果。

 では、そろそろゲーミング性能面の話に参りましょう。下位3モデルに搭載しているディスクリートGPUの「Vega M GL」は、Core i7-8550U&GeForce GTX 1050搭載モデルと比べて、最大で1.4倍の性能になるとのこと。「HITMAN」や「DEUS EX:MANKIND DIVIDED」など、AMD向けのゲームではあるものの、NVIDIAのミドルローGPUをGPU内蔵CPUで超えたというのは驚くべき話ではあります。

ASCII
3年前のPC(Core i7-4720HQ&GeForce GTX 950M)との比較。

 なお、Core i7-4720HQ&GeForce GTX 950Mを搭載する3年前のPCと比較すると、最大で3倍も性能が向上しています。HEVC動画エンコードではQSVを使って6.7倍差までひらきます。このように、iGPUとdGPUを用途に応じて使い分けているところが、Radeon入ってるIntel CPUの最大の良さのような気がします。

Max-QデザインのGTX 1060を超えるVega M GH

ASCII
Vega M GHはMRに加え、Oculus VRなどの高負荷なVR、エンスージアストゲーミング向けで、Core i7-8809Gに関してはCPUのほか、GPU/HBM2のOCにも対応しています。TDPは100Wとデスクトップ向けのCoffee Lakeよりも高いのが印象的です。

 上位2モデルに搭載しているVega M GHはGLよりもハードな用途に耐える仕様になってます。TDPは100Wとデスクトップ向けのCoffee Lakeよりも高く、Core i7-8809Gに関してはCPUのほかGPU/HBM2のOCにも対応しているのが面白いところ。

ASCII
Vega M GHはCore i7-7700HQとGeForce GTX 1060を搭載したMax-Qデザインのモデルと比べても高性能。AMD向けのアプリでちょい超えぐらいなら、NVIDIA向けのアプリでもいい勝負ができそうです。

 Vega M GHの性能はNVIDIAの薄型デザイン「Max-Q」を採用した、Core i7-7700HQ&GeForce GTX 1060搭載PCを超える性能を実現しています。ミドルレンジGPUを1パッケージのGPU内蔵CPUで超えるとなると、Max-QデザインのGTX 1060モデルとはバチバチの競合になります。PCメーカーはGTX 1070以上ならMax-Qを選ぶ意味はありますが、ターゲットの性能がGTX 1060ぐらいならVega M GH採用第8世代Coreのほうが、薄型軽量モデルの設計自由度は高くなるかもしれませんね。

ASCII
3年前のPC(Core i7-4720HQ&GeForce GTX 960M)との比較。

 Core i7-4720HQとGeForce GTX 960Mを搭載する3年前のPCと比較すると、最大で2.7倍の差。GLと比べて、いずれのPCゲームでもフルHD/60fps超えで遊べる性能をターゲットにしていることがわかります。

第8世代Core with Radeonを搭載した新型NUCも登場

ASCII
第8世代Core with Radeonを搭載する「Intel NUC 8シリーズ」。2モデルをラインアップ。

 また、Intelは第8世代Core with Radeonを搭載した新型NUC「Intel NUC 8シリーズ」も発表しました。ラインアップはCore i7-8809Gを搭載する「NUC8i7HVK」と、Core i7-8705Gを採用する「NUC8i7HNK」の2モデル。いずれもIEEE 802.11ac(2×2)無線LAN&Bluetooth v4.2コンボカードがM.2で実装されています。とにかくインターフェースが豊富で、ゲームにVRにコンテンツ制作と幅広い用途で使える省スペースPCです。メモリースロットはデュアルチャンネル対応で2基、最大DDR4-2400、最大容量32GBのSODIMMに対応します。

ASCII
新型NUC「Intel NUC 8シリーズ」。Core i7-8809Gを搭載するモデルはアンロックのOC対応。
ASCII
サイズは221(W)×142(D)×39(H)mm、体積は1.2リットルと省スペース。
ASCII
前面は左からSDXCカードリーダー、USB 3.1 Gen2(Type-A)、USB 3.0、HDMI 2.0a、USB 3.1 Gen2(Type-C)、3.5mmステレオミニジャック。
ASCII
背面は左からTOSLINKコンボジャック、ACアダプターポート、Thunderbolt 3×2、Mini DisplayPort 1.3×2、ギガビットLAN×2、USB 3.0×4、HDMI 2.0a。
ASCII
「Intel NUC 8シリーズ」の詳細なスペック。

■関連サイト
第8世代Coreプロセッサー with Radeon RX Vega M Graphics
Intel NUC

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking