2017年01月20日18時31分

大日本印刷、AIを活用した人と情報デバイスのコミュニケーションプラットフォーム実証実験を開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
大日本印刷、知能コミュニケーションプラットフォーム
「知能コミュニケーションプラットフォーム」

 大日本印刷は1月20日、AIを用いて人と情報デバイスとのコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の実証実験を開始すると発表した。

 人と情報デバイスとの円滑なコミュニケーションを支援するプラットフォームとして開発を進めているもので、音声認識などを搭載して人と対話することで生活者の属性や反応を蓄積、意図を分析して最適な情報を発信する。

大日本印刷、知能コミュニケーションプラットフォーム
「知能コミュニケーションプラットフォーム」をロボットに搭載し、会場に設置

 実証実験では、船橋インフォメーションセンターにて同プラットフォームを搭載したロボットを設置。来訪者とロボットがコミュニケーションを取りながら最適な地域の情報を発信、地域の魅力を伝える。

 1月24日から7月中旬まで実施し、4月中旬まではデジタルサイネージの映像をにあわせてコミュニケーションロボットが街の情報を発信、4月中旬からはロボットの内蔵カメラで来訪者を解析し、最適な観光地や特産品の情報を提供する予定。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking