2017年11月15日20時40分

もれなくChromcastがもらえる オーディオメーカー5社が大型共同キャンペーン実施

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

年末商戦にホームシアター機器の巻き返しを!

ヤマハ
日本オーディオ協会 会長の校條亮治氏

 今回のキャンペーンの旗振り役を務めたのが日本オーディオ協会 会長の校條亮治氏。背景には日本のホームシアター機器の普及が頭打ちになっていることがあり、本来は競合するメーカーが力を合わせてキャンペーンを実施。

 また、「映画を聴く」というキャッチコピーは2018年の4K・8K実用放送を見越したもので、放送に先駆けて、この年末は映画をいい音で聴く、というコンセプトになったという。

 校條氏は「(映画の)作り手はスマートフォンのサイズで映画を作っているわけではない」とし、「作品本来の感動を届ける責任がある」と述べた。

ヤマハ
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン 代表取締役社長の荒木 健氏
ヤマハ
ディーアンドエム 代表取締役 ジャパン・セールス&オペレーション プレジデント兼CF0の中川圭史氏
ヤマハ
ヤマハミュージックジャパン AV・流通営業部 部長の野口直樹氏
ヤマハ
ビデオマーケット 代表取締役社長の高橋利樹氏

 そして、発表会にはオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン 代表取締役社長の荒木 健氏やディーアンドエム 代表取締役 中川圭史氏、ビデオマーケット 代表取締役社長の高橋利樹氏など、層々たるメンバーが集結。各社のこのキャンペーンのへの意気込みが伝わってきた。

ヤマハ
ホームシアター業界はメーカーの垣根を越えて年末商戦に挑む!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking