2017年11月10日10時00分

香港ではiPhone Xの値段が店によっては約2倍に!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

量販店B&C:定価よりも4万円以上高く販売

 続いてやってきたのは中手の量販チェーン店B。郊外に店舗が多く、普段から各社のスマートフォンを大手量販店よりも安く売っています。

 しかし、iPhone Xの価格は64GBが1万1500香港ドル、256GBが1万2800香港ドル。定価よりそれぞれ2912香港ドル(約4万2000円)高くなっています。

 在庫が入るのは来週前半とのこと。これくらの上乗せ価格なら香港人は迷わず買っちゃう人も結構います。「最新モデルを数週間も待つなんて考えられない」というiPhone好きが香港にも多いのです。

iPhone X 香港
日本円にして約4万円ほど上乗せして販売されている

 そして、香港でも有名な家電量販店Cへ。価格は64GBが1万1800香港ドル。先ほどの店より300香港ドル(約4380円)上乗せです。

 しかし、こんなに上乗せして消費者からクレームが来ないのでしょうか?「定価より高いとはけしからん」と店にクレームしたところで、「では、ほかで買ってください」と言われて終わり、これが香港です。

 高値で売って客が来なくなり経営が悪くなったら、それは店の値付けミス。また香港人も高い店は敬遠して安い店を探します。iPhone Xも品薄が続けば高値のままでしょうし、今後在庫が豊富に入れば定価販売になるわけです。

iPhone X 香港
さらに少額上乗せ販売している量販店。定価との差は開く一方

量販店D:定価の倍近くで販売
量販店E:定価よりも高いもののBとCのいいとこ取りの価格

 最後に、香港に数多く支店を出している量販店Dに行ってみました。こちらの価格は64GBが1万6888香港ドル(約24万6990円)、256GBが1万9888香港ドル(約29万860円)。定価の約倍です。

 在庫を聞くと「週明け」とのことで、この値段を出せば確実に買えるようです。それにしても倍とは強気どころではありません。

iPhone X 香港
定価の倍の値段表示。ぼったくり屋ではなく香港のどこにでもある大手家電量販店

 ちなみに、香港の携帯ビル、先達廣場では64GBが1万1000香港ドル程度と、定価より高いものの家電量販店よりも安め。このあたりの情報は土地の狭い香港ですから口コミであっという間に広がります。なので、多くの香港人は家電量販店Dで買うことはないでしょう。そして、最後に量販店Eに立ち寄り、調査は終了しました。

iPhone X 香港
最後に回った量販店「E」は「B」と「C」の値段のいいとこどりをしていた

 iPhone 8はどの家電量販店でも定価販売されていることを考えると、iPhone X人気は香港でもかなり過熱している様子です。とある店ではホワイトとスペースグレイで価格差を付けているところもありました。

 シャッター音がしないなど、香港版のiPhoneを求める人も多いでしょうが、香港で普通にiPhone Xが買える日が来るのはまだ当分先になりそうです。

iPhone X 香港
手ブレしてしまったが、色で価格差を付ける店もあった

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking