2017年10月25日15時00分

Twitter、広告ツイートに対するポリシーの厳格化を表明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Twitter、広告を厳格化
とくに政治広告に関してはかなり厳格なポリシーを適用するようだ

 Twitterは10月24日、「Twitter広告の透明性に関する新しいご報告」と題した発表を行なった。

 Twitterではプロモーションツイートとして広告ツイートを採用しているが、広告であることの透明性を向上させるために新たに広告ポリシーを厳格化するという。これまでのような「不適切な広告」を報告するだけでなく、新たな「トランスペアレンシーセンター」により、利用者は広告配信者や期間、自分がどのような情報によってターゲティングされているかも把握できるという。

 また、政治(選挙活動)広告では、政党もしくは当該候補者であることを明確に表示することの徹底を行ない、トランスペアレンシーセンターにおいては広告キャンペーンを支援している団体を明確に表示するほか、広告主の広告費詳細や政治広告費のすべての過去データも把握できるようにし、さらにはポリシー違反に対する厳格な罰則も行なう。

 社会問題に関する広告に関しても厳格なポリシーを設定するとしている。社会問題広告に関しては業界標準となる定義がないが、業界内の企業や政策提言者などと協力して進めるという。

 これらの取り組みはまず米国内で行ない、順次全世界に展開するとしている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking