2017年08月02日13時00分

セイコー、日比谷の「ポール時計」をモチーフとした限定ペアモデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
セイコーウオッチ、ポール時計
Rikiのポール時計(左)と日比谷交差点に立つポール時計(右)

 セイコーウオッチは8月1日、人気シリーズ<Riki(リキ)>より、日比谷交差点に立つ「ポール時計」をモチーフとした限定ウオッチを発表。8月11日に発売する。

 Rikiは、日本デザイン界の先駆者である渡辺力(わたなべりき)氏のデザインスピリットを受け継ぐシリーズ。今回のポール時計は、同氏が自ら代表作と認めるモダニズムデザインの名作、現在も日比谷交差点に立つ「ポール時計(1972)」をリストウオッチとして仕上げたもの。

セイコーウオッチ、ポール時計
ケース径30mm「AKQK710」(左)、36mmの「AKPK708」(右)

 ケースはステンレススチール、ストラップはカーフ。ケースは日常生活用防水、ムーブメントはクオーツで電池寿命約3年。ケース径36mmの「AKPK708」と、径30mmの「AKQK710」の2モデルがそれぞれ限定400本で販売される。価格はいずれも1万2960円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking