2017年07月31日09時00分

Windowsで自前のアイコンを特定の拡張子に関連付ける方法

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_297
「Default Program Editor」を起動したら「File Type Settings」をクリックする

調査依頼
自前のアイコンを拡張子に関連付ける方法

 Windows XPであればフォルダオプションから変更できたのだが、Windows 10では特定の拡張子で利用するアイコンを「変更する機能」が用意されていない。どうしてもアイコンを変更したいなら、規定のアプリをカスタマイズできる「Default Program Editor」(http://defaultprogramseditor.com)(フリーソフト、Factor Mystic氏作)を利用しよう。

win10_297
「Icon」をクリックする
win10_297
変更したい拡張子を検索する
win10_297
「Browse」をクリックしてアイコンファイルを指定する

 アプリを起動したら、「File Type Settings」→「Icon」をクリックする。ファイル形式の一覧が表示されるので、目当ての拡張子を探すか、右上のフォームに入力して検索する。ファイルタイプの設定画面が開いたら、まず変更前の「Resource Path」をメモするなり画面キャプチャーしておこう。アイコンを元に戻す際に必要になるからだ。

win10_297
アイコンを選択して「OK」をクリックする
win10_297
「OK」をクリックすれば完了

 続いて「Browse」をクリックして作成したアイコンファイルを指定する。すると、その中に含まれているアイコンが表示されるので、選択し、「OK」をクリック。「Save Icon」を押せば完了だ。即、その拡張子のアイコンがすべて変更される。

win10_297
win10_297
テキストファイルのアイコンが、指定のアイコンに変更された

 元に戻す際は同様の手順で、メモした元ファイルを指定し、元のアイコンを指定すればいい。

これでズバッと解決!

 フリーソフトの「Default Program Editor」を利用して、拡張子のアイコンを指定する。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking