2017年05月23日18時00分

象印、好みに合わせた炊き分け範囲を拡大した圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
象印極め炊き
南部鉄器 極め羽釜 NW-AT10(左)と鉄器コート 極め羽釜 NW-AB10(右)

 象印マホービンは5月23日、圧力IT炊飯ジャー「極め炊き」の新製品としてユーザーの好みに合わせた炊き分け機能を強化した2製品を発表。6月21日に発売する。

 独自の羽釜形状の内釜が特長の炊飯ジャー。従来機よりも大火力化(最大1450W)と高圧力炊き(最大1.5気圧)として、炊飯能力を高めている。極め炊きシリーズでは、前回炊いたごはんの感想を入力することで炊き方を121通りの中から細かく調整できる「わが家炊き」機能を持ち、火力/圧力が向上したことから炊飯できる好みの範囲を拡大した。

象印極め炊き
南部鉄器 極め羽釜(左)と鉄器コート 極め羽釜(右)

 また、火力と圧力の向上により米内部まで粘りと弾力を高める「プレミアム対流」など、基本炊飯機能を高めている。炊飯釜に南部鉄器を採用した「南部鉄器 極め羽釜 NW-AT10」と、ステンレス・アルミ素材の内釜の外面塗料に鉄成分を添加した「鉄器コート 極め羽釜 NW-AB10」の2モデルが用意される。いずれも0.09L~1L(5.5合)炊き。NW-AT10にはボタンひとつでフタが閉まる「スマートクローズ」機能も装備する。

 予想実売価格はNW-AT10が税別14万円前後、NW-AB10が11万円前後。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking