2017年05月25日12時00分

サッカー選手の目線が丸わかり! NHK「技研公開2017」5月25~28日に開催

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

フルスペック8Kの規準を満たした「スーパーハイビジョン」関連出展

 技研公開の名物になりつつある「スーパーハイビジョン」関連の出展も人気を集めそうだ。2017年のキーワードは「フルスペック8K」で、「8K」「BT.2020」「10/12bit階調」「120フレーム」「HDR」「22.2ch」の各要素がそろったものがフルスペック8Kだ。

 450型の専用シアターで上映されていたのが「8Kレーザープロジェクター」。1.3型の3板LCOS反射型(7680×4320ドット)の素子にRGBの半導体レーザー光源による出力1万4000ルーメン、さらにフレーム周波数120Hz、12bit階調、ダイナミックレンジ10000対1という超ハイスペック。

 巨大スクリーンを見上げる形になるこのスーパーハイビジョンの上映は、映像ソースもHLG方式のHDRで撮影。特にレーザー光源の圧倒的なダイナミックな映像は、現実離れした映像美だった。120Hz対応で動きに強いこともフルスペック8Kのポイントだ。

20170525nhk
50型のシアターによる上映
20170525nhk
RGBレーザー光源プロジェクタによる圧倒的なレンジ感
20170525nhk
上映に用いられていた「8Kレーザープロジェクター」

 もうひとつの8K上映は「フレーム周波数120Hzに対応したシート型ディスプレー」で、4Kの有機ELパネル4枚を用いたもの。120Hz表示に対応しており、こちらも色再現性含めて圧倒的な高画質だ。

20170525nhk
130型の有機ELテレビの上映。65型×4枚という構成だ
20170525nhk
超薄型デザインも特徴

 フルスペック8K対応の制作システムも、来年の実用放送スタートに向けて撮影・編集機材の準備が着々と進んでいる。

20170525nhk
フルスペック8Kで番組制作を行なうシステム一式
20170525nhk
8Kカメラも多数。こちらは「フル解像度3板式カメラ」で3板式採用によりフルスペック対応。重量は50kg
20170525nhk
「フル解像度単板カメラ」。1億3300万画素の35mmセンサーを搭載する
20170525nhk
22.2chの音響をワンポイントで撮影できるマイク。32ポイントの指向性マイクで録音する

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking