2017年05月24日09時00分

Windows 10で「日本語入力機能の言語バー」を表示する方法

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_268
「コントロールパネル」の「時計、言語、及び地域」から「言語」→「言語の追加」を選び、左ペインの「詳細設定」をクリックする

調査依頼
Windows 10では言語バーがなくなったの?

 Windows 10には日本語入力機能「Microsoft-IME」が搭載されているが、初期設定で言語バーは非表示になっている。タスクトレイのアイコンで入力モードはわかるし、右クリックメニューから各種機能にアクセスできる。それでも言語バーが欲しいという場合は、設定を変更する必要がある。

win10_268
「入力方式の切り替え」にある「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる
win10_268
言語バーが表示された
win10_268
言語バーをタスクバーに格納できる

 まずは、「設定」の「時刻と言語」→「地域と言語」→「日付、時刻、地域の追加設定」もしくは「コントロールパネル」から「時計、言語、及び地域」を開く。続いて「言語」→「言語の追加」を選び、左ペインの「詳細設定」をクリックする。詳細設定が開いたら、「入力方式の切り替え」にある「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れ、「保存」を押せば表示されるようになる。

win10_268
「オプション」で言語バーを半透明にしたりできる

 従来と同じように、タスクバーにドラッグ&ドロップすれば言語バーを格納できる。設定画面の「オプション」をクリックして、「テキストサービスと入力言語」の「言語バー」タブで言語バーがアクティブ出ないときに半透明で表示したり、言語バーのテキストラベルを表示する設定にもできる。


これでズバッと解決!

 Windows 10では、MS-IMEの言語バーは非表示になっているが、設定を変更して表示できる。従来通り、タスクバーに格納することも可能だ。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking