2017年05月08日07時00分

残業時間の動かぬ証拠を記録できる『残業証拠レコーダー』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク、今回は残業時間の動かぬ証拠を記録できる『残業証拠レコーダー』だ。

 プレゼンしてくれたのは、日本リーガルネットワークの南谷泰史代表取締役。同社の事業説明は動画をご覧ください。


 動画で説明していた『残業証拠レコーダー』は、サービス残業をしている勤労者向けの無料スマホアプリだ。勤務地を登録し、GPSによって勤務地にいた時間を計測することで残業の証拠を確保できる。同システムは弁護士が設計したものであるため、記録したものは示談交渉や裁判の場で強い証拠になる。また、残業代請求を依頼できる弁護士を簡単に検索できたり、残業代推計機能を搭載している。

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking