2016年10月27日18時00分

MacBook AirとSkull Canyonを比べた結果【倶楽部】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 どうも。ちゅーやんです。
 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載が毎日更新中。

 本日紹介する記事は、ASCII倶楽部で毎週月曜日に更新している連載「こだわり部隊の本音『ジサトラ 完全版』」より、10月17日に公開した「MacBook AirとSkull Canyonを比べた結果」を紹介します!

 日本時間10月28日午前2時からApple新製品発表会が開催されます。うわさでは、「新型MacBook Pro/Air」などが登場するとのことですが、実際はどうなんでしょうか。私は新型MacBook Proが発表されたら即購入……とまではいけませんが、お金を貯めて購入しようかなと検討中です。

 そんな中、先週の話ですが、アスキーの自作PC担当チーム「ジサトラ」のジサトライッペイがSkull Canyonこと「NUC6i7KYK」とMacBook Air 13インチ(Mid 2013)を比較した記事を掲載しました。ちょうど良いタイミングだと思ったので、こちらの記事から無料公開部分を掲載いたします。全文を読めるのはASCII倶楽部の会員の方のみですが、いまなら3日間無料キャンペーンを実施中。詳細は記事の下部をご覧くださいませ。


MacBook Airを蹴散らすSkull Canyon

 どもどもジサトライッペイです。前回、インテルの最新ベアボーン、Skull Canyonこと『NUC6i7KYK』を購入した話をしましたが、触れば触るほど可愛い奴なので、今回はその優秀さをみなさまに喧伝すべく、身近な人気ノートPC『MacBook Air』(以下、MBA)と比べてみました。

MacBook AirとSkull Canyonを比べた結果
比較したのはMacBook Air 13インチ(Mid 2013)。CPUはCore i5-4250Uで、内蔵GPUはIntel HD Graphics 5000です。EU数が40基のGT3なので、3D性能は標準よりも高め。もちろんBoot Campを使って、Windows 10でブートしてます
jisa

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトライッペイ
 気付けば今年も残り三ヵ月を切りました。今年こそは彼女を作るぞと意気込んだものの、春も夏も特になんのイベントもなく、フラグらしいものは発見できませんでした。このまま“なんかパソコン詳しいおじさん”として一生を終えるのかと、寂しくなる夜は3DMarkをBGVにウイスキーをあおっております。

 CPU内蔵GPUのランクでいうと、Haswell世代とはいえMBAもGT3を搭載しているので、標準的なノートPCよりは3D性能が高めなんですが、3DMarkだとSkull Canyonに最大で4倍ほどの差が開きました。内訳としてはMBAのTime Spyは200、Fire Strikeは669、Sky Diverは3284、そしてCloud Gateが4609。そこをSkull CanyonはTime Spyが807で約4倍、Fire Strikeは1951と約2.9倍、Sky Diverは8580と約2.6倍、そしてCloud Gateが12420と約2.7倍でした。

MacBook AirとSkull Canyonを比べた結果
Haswell世代のGT3とSkylake世代のGT4eの戦いになりましたが、その差は圧倒的です。世代でも2世代違いますが、eDRAM付きのGT4eのポテンシャルを十分体感できる差ですね

 そして、その圧倒的な差はCPUコアでも同様の傾向を見せます。MBAのマルチ/シングルスレッドの成績は228/96cbのところ、Skull Canyonは709/148cbと圧倒しています。ここはさすが4コア/8スレッドで高クロックなHプロセッサーといったところですね。ちなみ、この値はSurface Pro 4(Core i7-6650U)と比べてみても大きな差があります。Core i7-6650Uは342/140cb程度なので。

MacBook AirとSkull Canyonを比べた結果
Core i5-4250Uは2コア/4スレッドで1.3GHz(最大2.6GHz)。一方で、Core i7-6770HQは4コア/8スレッドで2.6GHz(最大3.5GHz)、L3キャッシュも6MBと倍なので妥当ですな

自宅のでスクトップPCとも比べてみる

 さて、そんじょそこらのノートPC程度なら片手でぽいーな性能であることがわかったSkull Canyonですが、デスクトップPCと比べるとどうでしょう? 自宅のPCと比べてみました。

自宅PCの主な構成

CPU:インテル「Core i5-6400」(4コア/4スレッド)
マザーボード:ASRock「Z170 Extreme4」(Intel Z170)
メモリー:Team「TED48GM2400C16DC01」(4GB×2、DDR4-2400)
ストレージ:Apacer「AP480GAS330-JP」(480GB SSD、SATA3)
グラフィックボード:MSI「GTX 960 4GD5T OC」(GeForce GTX960)
電源ユニット:オウルテック「AURUM 92+ 650 PT-650M」(650W)
PCケース:ENERMAX「Fulmo.Q ECA3360B-GT(U3)」(ATX)

 大紅蓮丸と比べるとさすがに見劣りしますが、今年1月に組んだ、CPUにSkylake世代を採用したわりとトレンドの構成です。合計価格はだいたい11万円ぐらいですかね。では、まず3DMarkから。


 続きは「MacBook AirとSkull Canyonを比べた結果」でお楽しみくださいませ。

 冒頭にも書きましたが、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中。

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking