2016年10月26日17時19分

エプソン、レーザー光源&4K HDR対応のホームプロジェクター最上位モデル「EH-LS10500」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
エプソン、プロジェクターEH-LS10500
EH-LS10500

 セイコーエプソンおよびエプソン販売は10月26日、レーザー光源と反射型液晶パネルを採用するホームプロジェクターの最上位モデル「EH-LS10500」を発表。12月に発売する。

 現行機「EH-LS10000」の後継モデルにあたり、新たにHDRに対応。レーザー光源や4Kエンハンスメントテクノロジーを搭載した美しい映像表現はそのままに色彩や暗部階調を表現できる。

 表示デバイスとして4Kエンハンスメントデバイスを用い、1画素を斜めに0.5画素分シフトすることで縦横の解像度を実質2倍としており、4K映像入力に加えてフルHD映像信号も4K相当にアップスケールして映写。光源はレーザーダイオード(1500lm)を採用しており、遅延なしに0lmとすることで黒を表現可能。色の再現力にも優れており、DCIやAdobe RGBをカバーする広色域を実現。動きの速い映像では前後のコマから中間の映像を自動生成して補間する「フレーム補間」、3D映像を明るく投映する「Bright 3D Drive」などの機能を持つ。

 上下90%、左右40%の光学レンズシフトや2.1倍ズームフォーカスレンズを搭載して部屋の広さや環境にあわせて投映が可能。投映サイズは30~300型。入力端子はコンポーネント(3RCA)×1、ミニD-Sub×1、HDMI×2(1つはHDCP 2.2対応)、コンポジット(RCA)×1。本体サイズは約幅550×奥行き553×高さ225mm、重量は約18.0kg。価格はオープン。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking