2016年09月30日15時08分

ポルシェ、電気モーターで50km走行可能「パナメーラ 4 E-ハイブリッド」を初披露

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
55

 ポルシェは9月29日(現地時間)、パリモーターショーでのプレスカンファレンスにおいて、新型パナメーラ 4 E-ハイブリッドモデルを披露した。

 ポルシェAG社長、オリバー・ブルーメの登壇と同時に登場した新型パナメーラのプラグイン ハイブリッドモデルは、ラグジュアリーセダンのセグメントの中でも特に高い快適性と効率性を誇るという。同じくパリにて、レーシングカーの最新モデル911 GT3 Cupが初披露された。

 パナメーラ 4 E-ハイブリッドは、セルが進化したことで容量が大きくなったリチウムイオンバッテリーにより、電気モーターのみで50km走行可能だ。NEDCによる燃料消費量は2.5L/100kmda。最高速度は278km/hで、最大トルクはシステム全体で700Nm。0-100km/h加速時間はわずか4.6秒と、燃費だけでなくスポーツカーとしての性能を十分に備えている。

 新型911 GT3 Cupは、ポルシェ モータースポーツにより開発された次世代のGTレーシングカーだ。

443
新型911 GT3 Cup

 車重はおよそ1200kgで、シングルシーターは吸気側および排気側の可変カムシャフトコントロールを備えた4リッター水平対向エンジンを搭載し、最高出力は485psに達する。また、フロントとリアには新たなエアロダイナミクスが加わっている。

 オリバー・ブルーメは、「この新しいモデルはデザインとテクノロジーにおいて革命を起こす真のラグジュアリーサルーンです。さらに911のアイデンティティとスーパースポーツカーである918スパイダー、そしてハイブリッドレーシングカーの919ハイブリッドの遺伝子を持つことは、ポルシェファンの皆様に間違いなくご理解いただけると思っています」と述べた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking