2016年09月26日14時19分

VR作品としては史上初! Oculusの短編ムービー『Henry』、エミー賞受賞

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Oculusの傘下であるOculus Story Studioが制作したVR短編ムービー『Henry』が、第68回エミー賞においてOutstanding Original Interactive Program(オリジナル・インタラクティブ・プログラム部門)賞を受賞した。

h

 Henryとは、主人公であるハリネズミのヘンリーが友達を作る冒険に出る短編作品。2016年3月からOculusストアにて無料公開されているものだ。

 制作には元ピクサーのスタッフらも関わっており、VRの世界で可愛いキャラクターたちをどれだけ活き活きと表現できるかに臨んだ作品でもある。その結果、多くのVRコンテンツの中でも史上初のエミー賞受賞作品となった。

h
『Henry』のワンシーン

 本作の監督であるRamiro Lopez Dau氏は「我々は本作の可能性に興奮しています。本作はチームの創造性と技術力を示すだけではなく、ストーリーテリングにおいてVRを用いた表現方法がいかに可能性を持っているかについて、エミー賞をもって証明することができました。VRによる映画的表現はまだきわめて初期の段階ですが、ストーリーテリングのための強力なツールとして、これからより多くのクリエイターが興味を示すでしょう」と述べるなど、あらためてVRの持つ表現力についてアピールした。

 Oculus Story Studioでは最新作の『Dear Angelica』を制作中であり、2016年中に公開される予定とのことだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking