2016年09月27日15時57分

「森のいきもの」の眼を通して世界を体感しよう! 話題のVR作品が日本初公開

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 山口情報芸術センターは、ロンドンを拠点に活躍するクリエティブ・スタジオ「マシュマロ・レーザー・フィースト(MLF)」によるバーチャル・リアリティー作品「IN THE EYES OF THE ANIMAL」を、山口市仁保の犬鳴の滝を会場にして初公開するイベントを開催する。

mori
コンテンツの体験イメージ

 IN THE EYES OF THE ANIMAL(もしも、森のいきものになったら)は2015年の発表以来、世界各地で公表され、サンダンス映画祭のNew Frontier Art部門に選出されるなど国際的に高い評価を得ている。

 森のモチーフとなっているのは、英国の湖水地方に実在する「グリスデールの森」だ。この森をドローンやレーザースキャナー、CTスキャンなどのテクノロジーを使って撮影し、その景色をバーチャル空間上に再構成したVR作品となっている。また、耳全体を包み込むようなサラウンドシステムと、体に響く音声バイブレーションが搭載されている。本作品はVRヘッドマウントディスプレーをかぶって体験する。

 また、IN THE EYES OF THE ANIMALでは、本物の森のなかを会場として鑑賞を行なう。そのため、土の匂いや風の肌触りも作品に組み合わされ、さらに増幅した体験を楽しむことができる。

開催概要

 開催日:2016年10月9日~10日
 開催時間:9:30~14:00
     11:45~16:15
     13:30~18:00
 会場:犬鳴の滝(山口市仁保)
 料金:2500円(要申込)
 定員:16人
 対象年齢:13歳以上
 集合場所:山口情報芸術センター

 申し込み方法や用意するものなど、詳しい内容はこちらより。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking