2016年09月27日11時00分

国産コンピュータを世界にアピールした池田敏雄という人物

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 1950年代、世界よりも周回遅れでスタートしたように見えた日本のコンピューターだが、1つだけ見るべき要素があった。当時、英国とドイツ以外の国々で作られたコンピューターは、40年代終わりに公開されたプリンストン高等研究所の「ISA計算機」の設計にならったものが目立つ。

keiki
「新装版 計算機屋かく戦えり」表紙

 だが、米国の占領下にあった日本だけは事情が違った。

 日本の当時のコンピューター開発者は、GHQが日比谷に設置したCIE図書館などにあった限られた資料や、その後の米国留学者が持ちかえる情報が頼りだった。そうした中で、独創的なコンピューター開発を行う人物があられる。

 月刊アスキーで1993年5月号〜1995年6月号まで連載した『新装版 計算機屋かく戦えり』は、そうした日本のエレクトロニクスの成功の立役者たち、当事者たちへのインタビュー集である。

 今回、その電子書籍版を刊行するにあたり、26人のインタビューのうち次の4人のお話を掲載する。

  • 第1回「FUJIC/日本最初のコンピュータを1人で創り上げた男……岡崎文次」
  • 第2回「パラメトロン/日本独自のコンピュータ素子を生んだ男……後藤英一」
  • 第3回「FACOM100/国産コンピュータを世界にアピールした池田敏雄……山本卓眞」
  • 第4回「指揮装置/戦時下で開発された機械式アナログ計算機……更田正彦」

 日本のコンピューターやエレクトロニクスは、どのような道を歩んできたのか? その中で企業の開発者たちはどのように取り組んみ、トップはそれをどう見守っていたのか? 3回として池田敏雄氏と富士通のコンピューターについて元富士通の山本卓眞氏へのインタビューである。なお、文中の企業・組織の名称、個人の所属などはすべて単行本収録時点のものである点、ご了承いただきたい。

※本文は、2005年刊行の『新装版 計算機屋かく戦えり』の時点のものである。

山本卓眞(やまもと・たくま)

keisan

 1925年〜2012年。熊本県生まれ。45年に陸軍士官学校を卒業し、旧満州で特攻隊として出撃する直前に終戦を迎える。49年に東京大学第二工学部電気工学科を卒業後、富士通信機製造(後の富士通)入社。データ通信システム部、情報処理技術部長などを経て、75年に取締役に就任してから、常務、専務、社長を歴任。90年富士通会長に就任。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking