2016年09月23日19時20分

MMORPG「Tree of Savior」9月28日より正式サービス開始!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
35

 ネクソンは9月23日、「Tree of Savior」が9月28日のメンテナンス開始時にオープンベータテストを終了し、メンテナンス終了後より正式サービスを開始すると発表した。

 Tree of Saviorはネクソンと、「グラナド・エスパダ」などで知られるIMC Gamesが協力して製作しているトップビュー2D風のMMORPGだ。サービス方式は、基本プレイ無料+アイテム課金。オープンベータテスト中に作成したチームおよびキャラクターに関しては、正式サービス以降もそのまま利用できる。

 正式サービスでは、TPの利用で購入可能なアイテムやサービスが大幅に追加される。また、NEXONポイントでTPを購入できるようになるという。

 TPショップでキャラクタースロットを追加(33TP)することができる。TPを使用することで1キャラクターずつ拡張でき、1度増加した最大作成数は、キャラクターの削除をしても維持される。

35

 そのほかにTPで購入できるアイテムやサービスは以下の通りだ。

  • トークン(99TP)
  • ペンギンの卵(298TP)
  • 魔法付与スクロール(8TP)
  • コスチュームアイテム
  • ファッションアイテム

 「モンスターカード装備システム」では、モンスターカードをキャラクターの装備スロットに装備することが可能になる。

sd
モンスターカード装備システム

 「超越システム」では、装備の能力値を割合で上昇する「超越」強化が可能になる。従来の金床による強化と併用できるが、超越には新ミッション「防衛戦」の褒賞が必要になる。

sd
超越システム

 新ミッション「防衛戦」は、サルラス修道院マップに追加される。画面中央にある「神聖のたいまつ」をモンスターの襲撃から守り切ることが目的のミッションだ。

さあw
防衛戦

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking