2016年09月21日17時04分

VRコンテンツ展示用ディスプレーシステム「Panoworks」登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 オリハルコンテクノロジーズは、VRや360度映像コンテンツ展示向けの広視野ディスプレーシステム「Panoworks(パノワークス)」をリリースした。VRHMDを装着しなくても多人数でVRコンテンツを水平150度以上の視野で楽しむことができるようになっている。

0001
Panoworks 特長

 2メートル四方程度の床面積に設置が可能で、水平150度以上の視野をもつディスプレーによって、複数人同時にコンテンツを体験できるため、運用の手間なく効果的なデモンストレーションが行なえるとのこと。

 ドーム映像、立体メガネを使用しての立体視コンテンツに対応でき、Unityにプラグインを組み込むことでゲームなどのインタラクティブコンテンツにも対応可能だ。

0001
Panoworks 利用シーン

 利用シーンとしては、エンターテイメント施設や店舗でのデモ、VRコンテンツの制作環境としての活用が想定されている。

ig
東京ゲームショウでは攻殻機動隊VRDiverのトレーラー映像を立体視対応で上映

 先日開かれた東京ゲームショウではプロダクションI.G.のブースにて展示された。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking