2016年09月15日22時00分

ライカがインスタントカメラを発表! 11月に発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
カメラ

 Leica Cameraは15日、instax(チェキ)フィルムを使用するインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」を発表した。9月20日(現地時間)からドイツ・ケルンで開催される「Photokina 2016」に出展され、11月に発売の予定。

 同社のデザインチームが本モデルのために特別に開発した外観が特徴で、オレンジ、ホワイト、ミントというカラーリングを採用する。

 自動、パーティー&人物、スポーツ&アクション、接写といった撮影モードを用意。自動モードではできる限り内蔵フラッシュを作動させずに自然光を活用し、被写体を自然な雰囲気で写せる。

 このほか、二重露光、長時間露光、セルフィー撮影も可能で、セルフタイマーも装備。ボディー前面にはセルフィー撮影の際に自分の姿を確認するためのミラーも付いている。

 フラッシュはオートのほか、撮影状況に合わせてオン/オフを手動で切り替えることが可能。選択したプログラムモードに関係なく、焦点距離を3通りから選ぶことができる。

 焦点距離は60mm(35mm判換算で34mm)、絞りはf12.7。バッテリーは約100枚の撮影が可能となっている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking