2016年09月18日09時00分

TAD、抜群の音場表現をより小型の製品に展開した「TAD-ME1」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
TAD

 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)は、9月16日、小型ブックシェルフスピーカー「TAD-ME1」を発表した。“Micro Evolution One”シリーズをうたい、大型で高額なリファレンスクラスの製品を主体としている同社の製品の中では最も小さなスピーカーとなる。

TAD

 カラーは“精悍で美しい”ピアノブラック仕上げ。

TAD
16cmウーファー
TAD
9mmのCSTドライバー

 新開発の16㎝ウーファーと、9mmの同軸(CST)ドライバーを採用した3ウェイスピーカー。音像定位に優れた同軸ユニットの採用に加え、ミッドレンジの振動板をツィーターのウェーブガイドの一部として動かす独自の試みも取り入れて、位相特性と指向特性の両方を一致させている。ツィーターはベリリウム製、ミッドレンジはマグネシウム合金製。CSTユニットは、16㎝のウーファーとマッチングするよう新規に開発したもので、420Hz~60kHzまでの非常に広い範囲を担当する。

 ネットワーク回路も厳選したパーツを使うなどして、歪みや干渉の少ない構成とした。

TAD
TAC CE-1(右)の技術をより手軽に手に入れられるサイズと価格で提供する

 ウーファーはアラミド織布と不織布をラミネートしたもので、こちらも新開発。放熱性が高く高強度チタン製ボビン採用のボイスコイルを採用している。さらにTAD CE-1でも採用している両サイドに配置したスリッド上のポート(Bi-Directional ADSポート)を採用。筺体は高剛性の樺(バーチ)合板のフレームと、内部損失が高いMDF材のパネルを組みあせた“SILENT”エンクロージャーとした。強度の高さと共振の少なさをうたっている。さらに4mm厚の鋼板で左右を挟むことで不要共振を低減できるという。内部定在波に関してもコンピューター解析で適切な位置に吸音材を入れて対応している。この鋼板は、新しい砂目調塗装仕上げでピアノブラックと合わせている。

TAD
Bi-Directional ADSポートの模式図

 本体サイズは幅251×奥行き402×高さ411mmで、重量は20kg。再生周波数帯域は36Hz~60kHz。インピーダンスは4Ω、出力音圧レベルは85dB。バイワイヤリング対応となる。価格は1本50万円。専用スタンド(TAD-ST3-K)もペア16万円で用意する。発売時期はいずれも11月下旬。

 今後はプレーヤーやアンプの販売を計画しており、高価なリファレンスクラスの製品が中心の同社としては低い200万円クラスでのシステムを組めるシリーズとして展開していく計画だ。

TAD
TAD
松本記念 音楽迎賓館

 なおTAD-ME1の発表会は、松本記念 音楽迎賓館で開催。パイオニア(福音電機)の創業者で財団法人音楽鑑賞教育振興会の設立者でもあった松本望氏が住んでいた建物をそのまま使った施設となる。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking