2016年09月16日17時00分

iPhone 7のホームボタン、「クリック感」設定のベストは?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
d2

 iPhone 7/7 Plusのホームボタンは、「タップティックエンジン(Taptic Engine)」を採用した、感圧式のセンサーになっている……というのは、ご存知の人も多いでしょう。

 押しこむボタンではなく、物理的には一切動かない板。指先に擬似的にクリック感が伝わるという“ボタン”です。このホームボタンの採用により、物理ボタンの経年劣化を気にしなくてよくなったほか、防水・防塵機能の達成にも一役買っているものと思われます。

iPhone7ハンズオンレビュー
「タップティックエンジン(Taptic Engine)」はこんな感じで入っているとか

 さて、新しいホームボタンは、クリック感を「1〜2〜3」の3段階に調整できます。数字が大きいほど反応も大きいわけです。

 どの設定がよいのでしょうか? こればかりは個人の判断によるとしかいえませんが、筆者の私見でいえば、明らかに「ボタン」を押す感覚とは別物です。iPhone 6s/6s Plusに搭載された、ディスプレーへのタッチ圧力を検知して指先にブルッと反応を返す「3D Touch」の感触、あれに近い。何かを押すというより、指そのものに振動が返ってくる感じ。

 編集部でも(自分の予約分が届いてなかったことへの悲しみか)多くの人たちが触りまくり、口々に新しいホームボタンの感想を述べていました。

 たとえば週刊アスキー・宮野編集長は「一番振動が大きい『3』がオレ的には好みなのだっ!!」とコメントしています。反応が強く返ってくる分、押したという実感が強く持てるということのようです。“ボタンを押す感”がほしい人なら、「3」に設定するのは妥当といえます。

 一方、週間リスキー・ACCNは「慣れれば『1』がラク。バッテリーの消費もおそらく一番少ないはず」と語ります。物理的なボタン機構とは別物だと思えば、反応は小さいほうがよい。Androidスマートフォンには物理的にホームキーがない端末(タップすると振動を返すタイプ)もあるので、そちらに慣れている人なら「1」あるいは「2」が慣れやすいかもしれません。

 一日に何度も触るホームボタンだからこそ、自分好みにしておきたいもの。「どうにも慣れないな」と思ったら、設定を見直すのも手でしょう。

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking