2016年09月13日20時00分

アイドルマスターシリーズ初のVR作品「ビューイングレボリューション」体験レポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「アイドルマスター」シリーズ初のVR作品「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」が、バンダイナムコエンターテインメントから2016年10月13日に発売される。本作は、PlayStation 4用のVRシステムとして同日発売の「PlayStation VR」の専用タイトル。ダウンロード専売で価格は2296円(税別)。

20160913imas
20160913imas

 本作は「アイドルマスターシンデレラガールズ(以下デレマス)」のアイドルによるライブを、まるでライブ会場にいるような臨場感で楽しめるもの。今回その開発バージョンを試遊できる機会に恵まれたため、アイマスライブ大好き野郎(+編集者+カメラマン)による体験レポートをお届けしたい。

20160913imas

「現地にいる感」がただごとではない

 体験してみた感想をひと言で言うと「完全に現地」だ。これはちょっとスクリーンショットでは伝わりきらないかもしれないが、PlayStation VRの中に広がるライブ会場には確かな“実在感”があった。視界いっぱいに広がるバーチャルな会場は、ステージやアイドルとの距離感がしっかりと感じられる3D表現になっており、周囲には自分と同じように応援している観客がいる。それらを、実際に頭や体の向きを変えることで見渡せる。「自分はライブ会場に立っているんだな」と、理屈ではなく感覚(もしくは魂)で理解できるのだ。

 特に感動したのは、ステージから離れた後部座席からの視点。「ステージに近い方がいいんじゃないの?」と思われるかもしれないが、「俺は今、ライブ会場にいる!」という感覚はむしろ後部座席の方が大きかった。

 なにしろ後部座席からの眺めは、実際のアイマスライブ会場で見慣れた景色である。観客席いっぱいに光るコンサートライト、そして表情が見えるかどうかというアイドルとの距離感。そのリアリティーはマジでハンパなく、現実に参加したライブを思い出して胸がいっぱいになるほどだった。ちょうどいいスクリーンショットが手元にないため後部座席からの視点をお見せできず申し訳ないが、ライブ経験者であれば感動すること間違いなし、ということはお伝えしておきたい。

 もちろん、ステージ間近で見るアイドルたちの尊さたるや限界をラクラク突破しているため、ありがたさに泣いてしまわないよう注意が必要だ。本作の会場はデレマス1stライブが開催された「舞浜アンフィシアター」がモデルとなっているため、1stライブに思い入れがある方は、なおのこと涙腺が刺激されるだろう。

20160913imas
デレマス4thライブのオフィシャルTシャツ&タオルを着用してプレイ
20160913imas
仕事であることを完全に忘れてコールを入れている
20160913imas
同行した編集者も体験。このようにプレイヤーが左を向けば画面の視点も左を向き、会場を見渡すことができる(※画面は開発中のものです)

 音響の臨場感も素晴らしかった。観客席での立ち位置や向きに応じて音の聞こえ方が変わってくるのだ。このこだわりによって没入感が格段に向上しているように感じた。ぜひ、高性能ヘッドフォンで体感してみて欲しい。ちなみに、立ち位置はボタン操作で最前列正面や左右各2ヵ所、後方座席など計6ヵ所から切り替えられる。

 というわけで、ここからは収録曲やシステムなど、もう少し細かい話をしていこう。

収録曲は完全新曲を含む3曲

 発売時の本作の収録曲は、おなじみのテーマソングである「お願い!シンデレラ」と、TVアニメファーストシーズンの主題歌「Star!!」、そして完全新曲であり本作のテーマ曲となる「Yes! Party Time!!」の3曲となる。

 「Yes! Party Time!!」はディスコ調のアッパーなライブチューンで、曲の途中でウェーブをする場面があるなど、デレマスの新たなお祭りソングとして定番化しそうな一曲だ。実際、9月4日に神戸で開催された4thライブ2日目(筆者はライブビューイングで参加)でサプライズ披露された際にはとてつもない盛り上がりを呼び起こした。この曲のコールを完璧にできたらとんでもなく楽しいに違いない。

 「お願い!シンデレラ」では、島村卯月・渋谷凛・本田未央・神崎蘭子・小日向美穂・城ヶ崎美嘉・城ヶ崎莉嘉・多田李衣菜・三村かな子の9名が登場。

20160913imas
20160913imas
20160913imas
20160913imas

 「Star!!」を歌うのは、赤城みりあ・アナスタシア・緒方智絵里・新田美波・前川みくの5名。

20160913imas
20160913imas
20160913imas

 「Yes! Party Time!!」のステージには島村卯月・渋谷凛・本田未央・赤城みりあ・安部菜々の5名が登場する。また「Yes! Party Time!!」では、曲調にぴったりの専用衣装が用意される。

20160913imas
20160913imas
20160913imas
20160913imas
20160913imas

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking