2016年09月12日17時18分

ウェブ上でVRアプリが作れるサービス「InstaVR」、シリコンバレーVCより資金調達

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東京都中央区のInstaVRは、アメリカシリコンバレーのベンチャーキャピタルThe Venture Reality Fund(The VR Fund)を割当先とした第三者割当増資を実施したことを発表した。

in
InstaVR

 InstaVRとは、ブラウザ上から簡単にVRアプリを作成できるサービス。360度画像や動画を使って作成し、Web、iOS、Android、GearVRなど幅広い端末にVRアプリを配信することができる。さらに、利用者の注視点を、同梱のヒートマップで分析し、VRアプリを改善することも可能だ。InstaVRの基本バージョンは無料。有償版は月額$199USDからだ。

 今回調達した資金を元に、スタートアップの登竜門「TechCrunch Disrupt SF」(アメリカ・サンフランシスコ)や、世界最大級のデジタルマーケティングエキスポ「DMEXCO」(ドイツ・ケルン)など、世界有数のカンファレンスに連続出展するワールド・ツアーを開始、2016年内に1万社へのInstaVR導入を目指すとのこと。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking