2016年09月12日16時47分

ローランド、世界的定番Seratoと共同開発したDJコントローラー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ローランド、「DJ-808」
DJ-808

 ローランドは9月10日、世界的定番DJコントローラー「serato DJ」を販売するSeratoと共同開発したDJコントローラー「DJ-808」を発表した。9月下旬に発売する。

 DJプレイの世界的定番ソフトウェアとなっている「serato DJ」に完全対応し、パソコン内の楽曲を読み込み、内蔵エフェクトをかけたりパッドを使ってサンプラーを演奏させるなどの、DJプレイに求められる演奏を直感的操作で実現。本来は有償の「serato DJ」機能拡張パック「PITCH' N TIME DJ」を入手可能なバウチャーカードも同梱しているので、プロのレコーディング業界でもスタンダードになっているピッチ補正機能をすぐに入手できる。

ローランド、「DJ-808」
「serato DJ」画面 

 DJプレイで普及しつつあるボイスパフォーマンス用のボイス・エフェクターを内蔵。プラッター(回転盤)は新規開発で超低レイテンシーを実現している。入力はRCA×4、MIC×1、出力MASTER×2(XLA/RCA)、BOOTH OUT、PHONE。MIDIなどを搭載。PCとの接続はUSB。本体サイズは約幅668×奥行き427×高さ84mm、重量約6.8kg。価格はオープン。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking