2016年09月09日12時55分

360度画像を安価に公開! アジェンシアと凸版印刷、クラウド型CMS「PANOCLOUD360」の提供を開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アジェンシアは、凸版印刷と提携を行ない、360度のVR画像を気軽に導入できるクラウド型CMS(Contents Management Service)「PANOCLOUD360(パノクラウドサンロクマル)」の提供を開始した。

boko
PANOCLOUD360

 専門知識がなくても、360度VR画像の制作が可能なCMSとなっており、導入しやすい価格帯で提供するとのこと。

boko
PANOCLOUD360 管理画面

 PANOCLOUD360の管理画面から撮影した360度パノラマ画像をアップロードし、シーン移動、説明表示など各種設定後に表示されるURLや埋め込みタグをウェブサイトに埋め込むことでコンテンツの公開が可能だ。

 また、画像を撮影した場所の平面図と合わせて掲載することで、ツアー形式のコンテンツも制作可能だ。

boko
VRゴーグルを使用すればより臨場感あふれる体験が可能だ

 制作したコンテンツはPC、タブレット、スマホで閲覧が可能となる。さらに、スマホでは、VRモードに切り替え、スマホをVRゴーグルに装着すると、より臨場感の高いバーチャル空間を再現し、体験することができる。

 アジェンシアと凸版印刷の両社は、導入しやすい価格帯、簡単操作でのコンテンツ公開により、VR技術の認知と活用の拡大、普及に貢献したいとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking