2016年09月09日09時00分

3時間かけて悪戦苦闘! 週アス宮野がイチからレッツノートを組み立てる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

パーツを固定したり、ケーブルを束ねたり、シールが大活躍

 レッツノートの組み立てで、もう一つポイントとなるのが、シールやテープ類の取り付け。絶縁やシールドに使ったり、ケーブルを固定したり、複数の本数を束ねたりと、大活躍なのだが、取り付けるほうも結構大変なのだ。

レッツノート工房
テープも結構いろんなところに使用されている
レッツノート工房
ここではピンセットが大活躍
レッツノート工房
慎重に取り付ける
レッツノート工房
端子回りのシールドや絶縁にもテープが使われている
レッツノート工房
簡単そうに見えるが、この端子部分のパーツも取り付けが難しい
レッツノート工房
さらにテープを貼る宮野
レッツノート工房
細かい場所に
レッツノート工房
取り付け位置の場所、寸法までかなり細かく指定されている
レッツノート工房
ファンのケーブルとフレキケーブルを固定
レッツノート工房
うまくいった
レッツノート工房
なんか複雑な形状に切り抜かれた両面テープが登場
レッツノート工房
言われるがままに貼っていく
レッツノート工房
基板全体をカバーするためのものだったと分かる、なるほど

ようやく液晶ディスプレーを接続

 今回組み立てている、レッツノート RZシリーズは360度自由な角度で動く二軸ヒンジを採用したタッチパネル採用の機種だ。

 フレキケーブルの取り回しと、テープの張り合わせに悪戦苦闘した前半戦の最後はこのヒンジへの液晶パネルの取り付け。机の縁の部分をうまく使って、ぶら下げるように液晶を置いてネジ止めする。

レッツノート工房
液晶パネルの取り付け方
レッツノート工房
表面を傷つけないようにディスプレーにカバーを付けたまま作業する
レッツノート工房
いったんぶら下げてネジ止め作業に進む
レッツノート工房
左端の二軸ヒンジに注目。ここをネジ止めして前半戦終了。しばし休憩へ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking