2016年09月09日08時00分

iPhone 7にアップルの日本市場に対する本気度を見た

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
IApple

ここ数年で最も興奮した発表会だった

 今回のアップル発表会、事前にネットで流れていた噂通りであった。まさに「答え合わせ」といった感じだ。しかし、これまでの発表会は、どちらかといえば「ガッカリ感」が強いのだが、今年の発表会は一味も二味も違った。

 個人的にはここ数年で最も興奮した発表会だったように思う。

 まず、驚かされたのが、スーパーマリオがiPhoneにやってくるという点だ。しかも、任天堂の宮本茂氏が登壇した。これには世界中のメディアが熱狂していた。さらにポケモンGOのApple Watch対応。ナイアンティックといえば、もともとグーグルから独立した企業なのに、Apple Watchから対応してくるとはなんと商売上手なのだ。

 そして、最も興奮したのがFeliCa対応だ。もちろん、iPhoneにFeliCaが載るというのは事前に取材でわかっていたが、10月末にはサービスがスタートするという。こればかりは予想よりも早い開始なので、びっくりさせられた。アップルとJR東日本は相当、時間をかけ、じっくりと粘り強く交渉していたようだ。Apple PayによるモバイルSuicaも使いやすくできており、「アップルと組むと、JR東日本もこんなにもわかりやすいユーザーインターフェースに変わるのか」と感心させられた。

アップル、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表

 今回のiPhone 7 Plus、すぐにでも購入するつもりだ。色はもちろん新色のブラック。マット系もツヤがありかっこいいので、どちらにすべきか迷っている。容量は最大の256GBだ。10万円以上するが、iPhone 6s Plusの発売時に比べると、円高効果なのか、128GBから256GBと倍になっても思ったほど高くないと感じるから不思議だ。

 今回、アップルの日本市場に対する本気度を見たような気がする。もはや、Androidに対する弱点がなくなっただけに、機種変更需要やAndroidからの乗り換えなども殺到し、発売時に入手困難にならないかいまから心配だ。


石川 温(いしかわ つつむ)

石川温氏
石川 温氏

 スマホ/ケータイジャーナリスト。「日経TRENDY」の編集記者を経て、2003年にジャーナリストとして独立。ケータイ業界の動向を報じる記事を雑誌、ウェブなどに発表。『ケータイ業界52人が語る「戦略」の裏側』(毎日コミュニケーションズ)など、著書多数。  

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking