2016年09月07日10時00分

HPが筒状やモジュール型など日本未発表のPCをIFA 2016で展示

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

全方位スピーカー内蔵の筒状PC「HP Pavillion Wave」

20160907hp
筒状のボディーを採用する「HP Pavillion Wave」
20160907hp
上から見ると三角形に近い形となっている

 「HP Pavillion Wave」は、三角形に近い筒状のボディーを採用するデスクトップPC。本体上部に上向きにスピーカーを搭載するとともに、パラボラ状の反射板を配置して360度全方位に音が広がるようになっている。これにより、音楽やビデオを部屋のどこにいても快適に楽しめるという。またWindows 10の音声認識機能“Cortana”を快適に利用するため、高性能マイクも搭載している。

20160907hp
コンパクトサイズでデスク上でも場所を取らない
20160907hp
背面にはUSB3.1 Type-CやUSB3.0、HDMI、DisplayPort、ギガビットLANなどの端子を備える

 本体サイズは173(W)×168.1(D)×261.4(H)mmと、標準的なタワーPCより85%小さくデスクにも場所を取らず設置できるとしている。スペックはCPUが第6世代Core i7、最大16GBのDDR4メモリーで、内蔵ストレージは最大2TBのHDDとオプションで128GBのSSDとの同時搭載に対応。

 オプションで“Polaris”アーキテクチャーを採用する「Radeon R9 470」も搭載可能。外部ポートには、USB3.1 Type-CやUSB3.0、HDMI、DisplayPort、ギガビットLANなどを備える。

20160907hp
正面にはUSB3.1やオーディオジャックがある
20160907hp
上部にスピーカーとパラボラ状の反射板を配置し、360度全方位に音が広がるようになっている

 北米での販売価格は549.99ドルからで9月23日より発売予定。日本での発売も予定しているとのこと。

モジュールを重ねて機能強化できる「HP Elite Slice」

20160907hp
モジュールを追加して機能強化できる小型PC「HP Elite Slice」
20160907hp
本体は小さく軽く、片手でも余裕で持てる

 「HP Elite Slice」は、手のひらに乗るコンパクトサイズのデスクトップPC。本体サイズは165.1(W)×165.1(D)×35.1(H)mm、重量は約1.05kgと小型軽量。IntelのNUCシリーズに近い製品と言えるが、「HP Elite Slice」は本体下部に拡張端子が用意され、オプションのモジュールを装着して機能強化できるようになっているのが特徴だ。

20160907hp
高さは35.1mmと薄く、ディスプレー下部のすき間などにも設置可能だ
20160907hp
ギガビットLANやUSB3.0、HDMI、DisplayPortなどとともに、映像出力および電力入力に対応するUSB3.1 Type-Cを備える

 オプションで用意されるモジュールには、DVDドライブを内蔵する「光学ドライブモジュール」と、Bang&Olufsen製のスピーカーを搭載し、360度全方位に音が広がる「オーディオモジュール」を用意。オーディオモジュールには5mの距離から利用できるデュアルマイクも搭載している。これらは本体下部に重ねる形で装着して利用することになる。

20160907hp
CPU冷却用のデュアルファンクーリングシステムを内蔵している
20160907hp
本体底面にはモジュール拡張用のコネクターを用意

 本体の映像出力端子としてUSB3.1 Type-Cを利用し、USB3.1 Type-Cから電力を入力可能となっている点も特徴のひとつ。USB Type-CおよびPower Delivery対応のHP製ディスプレー「HP EliteDisplay S240uj」を利用すると「HP Elite Slice」をUSB Type-Cケーブル1本で接続するだけで、映像出力と電力の入力双方がまかなえる。

20160907hp
DVDドライブ内蔵の「光学ドライブモジュール」
20160907hp
Bang&Olufsen製スピーカー内蔵の「オーディオモジュール」。360度全方向に音が広がる

 ディスプレーからUSB Type-Cで電力を受ける仕様のデスクトップPCはこれが初としている。別途ACアダプターを利用した電力供給も可能なので、USB Type-C Power Delivery対応のディスプレーを用意しなくても利用可能だ。

20160907hp
光学ドライブモジュールやオーディオモジュールは、このように本体の下に重ねて設置する

 CPUには35W版の第6世代Core i7を採用し、ヒートパイプを利用したデュアルファンのクーリングシステムを内蔵。無線LANも標準搭載。北米では9月に発売を予定しており、価格は699ドルから。光学ドライブモジュールは99ドル、オーディオモジュールは109ドル。こちらも日本でも発売を予定しているとのこと。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking