2016年09月05日16時06分

東芝とアルパイン、ドローンによる電力インフラ事業者向けの巡視・点検サービス事業で提携

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
to

 東芝とアルパインは9月5日、従来からの車載分野などでの協業に加え、産業用ドローンによる電力インフラの巡視・点検サービス分野において提携関係を構築することで合意したと発表した。

 現在、電力インフラ事業における送電線や鉄塔の巡視・点検では、習熟した保全作業員による目視点検が主流となっている。しかし、山間部などのアクセスしにくい場所を点検する場合、点検場所までの移動に時間がかかり、高所での作業では危険が伴う。ドローンを使用することで、高所の送電線や鉄塔上部の画像を撮影することができ、迅速な状況把握・作業時間の短縮・安全性の向上に繋がるという。

 東芝が持つ画像処理技術やIoT技術と、アルパインが持つ地図情報連携技術や車載システムインテグレーション技術を融合した、ドローンによる電力インフラ事業者向けの巡視・点検システムを、2017年度中の実用化を目指して開発していくとのこと。

to
ドローンによる電力インフラの設備点検イメージ

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking