2016年08月31日09時00分

iPhone7買うならここ!? アップルストア謹製の料金プラン比較アプリ「プランジーニアス」を見てきた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 読者の皆さんは「アップルストアでできること」と聞いて最初に思い浮かべるものはなんでしょうか。SIMロックフリーiPhoneを買う場所、Macの購入。あるいはマシンにトラブルがおきたときに修理する場所、という人もいるかもしれません。

 でも、”大手3キャリアのiPhoneがアップルストアでも買える、しかもちょっと特別なアプリを使って"ということはほとんどの人が知らないんじゃないでしょうか。

 先日、アップルは記者向けにアップルストアでのiPhone購入体験会を開催しました。リンゴマークのシャツを来たジーニアスと、iPhone選びから購入完了までの流れを体験できる会、というのはたしかにあまり取材の機会がない。ということで行ってきました。

アップル 表参道

 今回の体験店舗は『アップル表参道』。アップルウォッチャーな人はご存知かもしれませんが、8月半ばに名称変更があり、今後公式には"アップルストア"という名称は使わないことになりました(記事中ではわかりづらいので、一般名称は"アップルストア"としてます)。

アップル 表参道
午前10時、オープン直後のアップル表参道。道行く人はまだまばらですが、オープン直後にジーニアスバーに来たと思しき外国人のお客さんを目にするあたりは、世界共通のホスピタリティを提供しているアップルストアですね。
アップル 表参道
整然と並んだiPhone、iPad、MacBook Pro。周辺機器はB1Fで販売されています。

 購入の流れ自体は、量販店での端末選びに近いです。ただし、応対してくれるのがアップルのジーニアスで、また契約までの接客が丁寧なことが大きな違いでしょうか。
 量販店の説明が雑だとは思いませんが、"契約希望のお客を効率よく契約完了まで持っていく"のが量販店だとしたら、アップル表参道では"端末選びからプラン選び、各種設定から初開封までをいかに楽しませるか"に力を注いでる印象です。

アップル 表参道
こんな風にジーニアス(スタッフ)が接客。プラン選びから容量選びや使い方の質問まで答えてくれます。
アップル 表参道
選ぶiPhoneSEはこのローズゴールドに決めたようです。

 たとえば、プラン選びに関しても、わかりにくさを感じさせないように、なんと専用アプリをつくっていました。これ、アップルファンなら一度見ておいていいと思いますよ。

 アプリの名前は『Plan Genius(プランジーニアス)』。iPhoneを公式に扱う全キャリアのプランを網羅していて、自分が選んだプランで月額いくらかかるのかなどをアップル流のUIで比較検討できるツールです。

 ジーニアスの説明を聞きながら、プランジーニアスを使って、総数2016件もある組み合わせのなかから、自分にぴったりの1つのプランに絞り込んでいきます。
 このアプリのできがとても良くて、「しっかり選んで、しっかりわかった」と思わせるのは流石の演出ですね。プラン選びは量販店でも同じようにやりますが、パンフレットをにらみながら決めてください、なんてヤボなことは言わないのがアップル流です。

アップル 表参道
Plan Geniusのアイコン。アップルストアでしかお目にかかれない特別なアプリです。なんでも7月ごろから各店舗に導入がはじまったそう。
アップル 表参道
3キャリアのどこも選んでいない状態ではなんと2016通り(!)のプランが存在するとの表示。絞り込むほどに、こんな風に件数が表示され、次の選択へとサクサク遷移していきます。最終的に1つを選ぶことになります。
アップル 表参道
プランの比較はこんな感じ。他キャリアの場合でも同じです。

 取材は「はじめてiPhone SEを買う人」という想定で進んで行きます。今回の想定キャリアはKDDI。どのiPhoneにするか選んだら、アップル表参道の場合はB1Fに移動します(キャリアによっては、1Fのままで契約までいけたりもするらしい)。

アップル 表参道

 B1Fにある契約用のMacBook Proでキャリアへの登録処理を済ませたら、自分が選んだiPhoneとSIMカードが届きます。

アップル 表参道
選んだ端末は、今回は外国人のスタッフが持ってきてくれました。もちろん日本語ペラペラです。ちなみに奥に見える契約用のMacBook Proでは、BootcampでWindowsが動いていました。

 キャリアショップや量販店の場合、SIMカードは装着済みで渡されることが多いと思いですが、ジーニアスによれば、アップルストアの場合はあえて"自分でSIMカードを挿入してもらう"というプロセスを入れてると言います。これは、SIMロックフリー端末の販売店でもあるアップルストアの立ち位置のせいもあるかもしれません。
 それにしてもこの購入体験は何かに似てると思っていたら、説明を聞いていて気づきました。自動車ディーラーでクルマを購入する時の体験に似てる。初めてのクルマを前に、ウィンカーの出し方からガスコックの開け方まで懇切丁寧に教えてくれる、というあのワクワク体験に近いものです。

アップル 表参道
iPhoneSEとご対面。何度買っても新しい端末が自分のモノになるこの瞬間はワクワクしますよね。ジーニアスの手引きに従ってSIMカードを入れます。

 そして端末を開封。初回の設定操作を進めていき、アップルIDも入力して(アップルIDを持っていない場合は取得の手伝いもしてくれます)、KDDIの場合は必要ならiTunesストアでの"キャリア決済"の設定までやってくれて、設定完了。
 名無しのiPhoneが、無事、自分のiPhoneになりました。

アップル 表参道
電源を入れて、アップルIDなどの設定。KDDIの場合は先日キャリア決済に対応したので、必要ならこのように設定完了まで手取り足取り教えてくれます。

 アップルストアを出た瞬間には、何も設定する箇所がないような状態にして新しいiPhoneユーザーを送り出す、というわけですね。

 決済の設定までやってくれるので、端末を手にしたあとに何か周辺機器を買いたくなったら、そのままアプリでバーコードを読み込ませて、"セルフチェックアウト"で持って帰るというアップルストアならではの体験もできます。

アップル 表参道
セルフチェックアウトは、その場で自分の端末で支払いまで済ませてしまう購入方法。レジを通らずに自分のモノになってる、というのは不思議な感覚。アップルのショップバッグが必要な場合は、声をかければもらえます。

 新iPhone 7発表を発表すると見られるアップルイベントは9月7日(現地時間)にサンフランシスコでの開催が決定しています。間違いなく9月には、待望の"新しいiPhone"が発売になるはずです。そのときの選択肢として、"あえてアップルストアで買ってみる"というのもアリかもしれません。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking