2016年08月30日14時25分

Unity向けVRボイスチャットミドルウェア「VR Voice Chat with MUN β版」をモノビットがリリース! ボイスチャット機能を簡単にVRコンテンツに搭載可能

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 モノビットは8月24日、Unity向けVRボイスチャットミドルウェア「VR Voice Chat with MUN β版」をリリースした。VRコンテンツにボイスチャット機能を簡単に搭載することができるUnity専用のアセットだ。料金は無料で使用することができる。

 なお、8月24日~8月26日に開催されたCEDEC2016のセッションとモノビットブースでは、VRボイスチャットを利用したVRデモの体験ムービーが公開された。

mono

 VR Voice Chat with MUN β版は、自分の動きや声をリアルタイムにネットワークで通信し、VR空間をリアルタイムに共有することができる。これにより、VRコンテンツに新たな楽しみ方や深い没入感を創り出すことができる。また、ゲームだけでなく、さまざまな業種で制作されるVRコンテンツにも簡単に搭載することができ、サンプルプログラムも付属するため、VRコンテンツ制作の参考にすることも可能だ。

mono
VR Voice Chat with MUN β版

 また、クライアントプログラムの記述だけで簡単に搭載することが可能であるため、クライアントプログラマーしかいない場合であっても、VRリアルタイム通信コンテンツを制作することができるのは大きな特徴だろう。

 VR体験に必要なコミュニケーションを提供し、さまざまな分野に応用可能なVRボイスチャット機能を実装するアセット「VR Voice Chat with MUN β版」、VRコンテンツ開発に携わっている人やVRに興味のある人は、無料ダウンロードが可能であるため試してみてはいかがだろうか。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking