2016年08月20日15時00分

食卓が戦場に! 全長3.6mの「流しそうめんマシン」が熱い!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Toy_01
タカラトミーのビッグストリーム そうめんスライダー、7538円

サマーランドが本気になった「流しそうめんマシン」

 記念すべき第一回は、連日の暑さを吹き飛ばしてくれる涼しげなおもちゃをご紹介。その名も、「ビッグストリーム そうめんスライダー」。

 もう名前からして想像がつくかと思いますが、「流しそうめん自動マシン」です。監修は、日本最大級の流れるプールを有する東京サマーランド。高速ウォータースライダーを模した、とことん本気の流しそうめんマシンであります。

開封から組み立てまではわずか10分

 開封前の箱。かなり大きいです。狭い家だとちょっと置き場所に迷うところ。そして開けると、細かいバーツが出てくる出てくる。その数は40あまり。さすがに最初はマニュアルを見つつやらないと組み立ては難しそうです。

Toy_01
箱から全部のパーツを出してみました。全部で40個ほど
Toy_01
組み立て開始。ストップウォッチで計測してみました

 子供と二人で組み立ててみたところ、10分ほどで完成。最初はパーツの多さに気後れしたものの、裏に数字などが書いてあるため、組み立て自体は簡単でした。

いざ、流しそうめん開始! すると……?

 組み立てが終わったら、冷水を注いで完成! 最後にモーターを駆動させ、上からそうめんを流していくのみです。テーブルには、つゆの入ったそば猪口を手に、待機する小学生とその祖父。あとは優雅に流しそうめんを堪能する予定でした。

Toy_01
てっぺんにあるバケツに水が溜まって流れていきます。“鹿威し”みたいでなんとも風流
Toy_01
一番下にあるプール部分から、モーターで水が循環していく仕組み

 「流したよ!」と言うが早いか、上流で素早くそうめんをすくう8歳。

 やってみてわかったのですが、これ、席順がとてつもなく重要。横幅は75センチほどあるので、横に3人は並べそう。ただし、上流に座ったほうが断然有利です。無用な争いを避けるには、途中で席替えをすることをオススメします。

Toy_01
思った以上に高速で流れていくそうめん。撮影に苦労しました
Toy_01
大切なのは位置取り。最初の席順で明暗がわかれる

 もうひとつ気付いたのが、ビショビショになること。バトルが白熱すると、そうめんから水がしたたるのもお構いなし。

 流す。すくう。流す。すくわれる。流す。奪い取る。そのエンドレス。気付けば、あっという間に4束のそうめんを3人で食べきっていました。残ったのは、水びたしのテーブルと、疲労困憊の祖父、勝ち誇った顔の小学生。なんだか、ものすごいエネルギーを食事に使った気がします。

 終わったあとは片付けですが、これが一番面倒かも。パーツをばらすのは簡単ですが、ひとつひとつをきれいに洗い、乾かしてから箱に戻さなければなりません。といっても、週末ごとにやるぐらいなら苦にならない作業量です。

流しそうめんの認識を変える「そうめんバトル」

 ビッグストリーム そうめんスライダーでそうめんが流れる長さは最長3.6メートル。一番上から流してどれだけの速さで下に到達すると計測してみたところ、8秒でした。ついついヒートアップしてしまうのは、この速度のせいかもしれません。

Toy_01
付属の製氷トレー。氷の浮き輪やスライダーマンを作って一緒に流すと、さらに楽しい!

 これまで私の中にあったのどかな流しそうめんのイメージを覆した、激しい流しそうめんバトル。パーティーはもちろん、週末ごとのお楽しみや、お盆に家族そろって楽しむのもおすすめです!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking