2016年08月19日12時00分

朝日新聞、リオ五輪の会場周辺の360°動画の配信を開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
りお
キリスト像の前にいるかのような体験が可能

 朝日新聞社は、Youtubeにて、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの会場周辺で撮影した360°動画の配信を開始した。

 有名なコルコバードの丘に立つキリスト像のほか、観光名所であるセラロンの階段、今回のオリンピック出場選手を生んだファベーラ(スラム街)のバトミントン教室、カフェ「コンフェイタリア・コロンボ」、ブラジルの名物料理シュラスコの、合計5本の動画を公開している。

 動画一覧はこちらから。

 スマートフォンで特設ページにアクセスすると上記5本の動画のリストが表示される。Youtubeアプリで動画を開いたあと、VR表示(2眼表示)モードにして市販のVRゴーグルにセットするだけで全方向を見渡して視聴することが可能だ。

 動画は朝日新聞社メディアラボが特注した3D・VR撮影用のカメラを使い、現地に派遣されている映像報道部の取材班が撮影した。朝日新聞社はこれまでも、「いきもの目線」などの360°動画を配信してきたが、今回はより臨場感・没入感の高い動画となっている。

 なお、今回の360°動画は、東京都千代田区の三井住友銀行東館1階アース・ガーデンで開催中の「リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック報道写真展」の会場でも8月19日まで体験することが可能だ(報道写真展は9月23日まで開催)。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking