2016年08月17日17時30分

エバラ「黄金の味」で焼肉ごはんケーキ!この値段でこの味

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
黄金の味

 エバラ食品「黄金の味」を使ったことがないという人は少ないはず。家で焼肉をするときにつけだれとして。りんごや桃、梅などの果実類が入っているから、味がまろやかなのですよね。

 8月29日の“焼肉の日”に向けたアピールの一環で、黄金の味は「焼肉 KINTAN」とコラボ。8月17日から8月31日の期間限定でスペシャルランチ「黄金の肉ごはん」3種を店舗で提供します。

黄金の味
「焼肉 KINTAN」が黄金の味コラボランチを提供。ちょっと高級な焼肉店なだけに、普段使いの黄金の味とのコラボが意外に思えました。

 「焼肉 KINTAN」は恵比寿、六本木、赤坂など都内に数店ある大人の焼肉レストラン。カジュアルだけどコースによっては予算1万円も超えるちょっと高級な焼肉店です。家庭で普段使いしている黄金の味が上等な飲食店とコラボするというのは、ちょっと意表をつかれました。

「黄金の和牛ライスケーキ」ケーキカットしたい、祝いたい

黄金の味
これがライスケーキ!「黄金の和牛焼肉ライスケーキ」(1500円)

 目玉は「黄金の和牛焼肉ライスケーキ」。ライスをケーキの金型で抜いて、上にたくさん和牛を乗せた豪華なもの。なんと“黄金”を表現するために金箔も乗っています。価格はスープ、サラダ(おかわり自由)、デザートも付いて1500円。

黄金の味
豪華に金箔を乗せて“黄金”を表現。玉子の黄身の色が輝いて見えます。
黄金の味
手で持つとこんな感じ。しっかりボリュームがあります。あくまで1人前。

 肉の部位は“ランプ”。柔らかくて旨みがある上質な赤身。

 中央で神々しい存在感を放つ玉子は“横斑プリマスロック”。KINTANで通常使用しているものです。コクがある味わいが特徴。

 鮮やかなグリーンとして玉子のまわりに添えられているのは万願寺唐辛子。ただのシシトウではないところがKINTANさん、さすが。

黄金の味
厚みがたっぷり!

 肉には黄金の味が絡んでいます。さらに、ガーリックライスも下味に黄金の味を使用。お皿にたっぷり乗ったソースも黄金の味とゴマダレを絡めたもの。肉、ライスだけではなく黄金の味の存在感も強烈。料理の監修は「白金割烹 金舌」篠崎薫料理長。

 言われてみて気が付きましたが、エバラは黄金の味とは別に「焼肉のたれ」も発売していますよね。それぞれの味わいは異なり、黄金の味のほうはそもそもからして焼肉のつけだれとしての用途だけではなく調味料になる、という商品なのですね。

黄金の味
サラダもスープも付くのでボリュームたっぷり。さらに食後のデザートもあります。これで1500円であればコスパ良し。

 今回のコラボメニューはあえて料理の味付けに黄金の味を使用したもの。焼肉のお店なのにつけだれとしては使わないって、考えてみるとおもしろいですよね。

 ちなみに要望があればお祝い用の花火も付けてもらえるということ。ランチタイムではありますが、焼肉ライスケーキで誕生日をお祝いって素敵すぎますよね。甘党ではない記者は胸が躍ります。

黄金の味で肉と飯が進む!!(ビールにも合う)

 肉好き酒好き女子を代表して、黄金の和牛焼肉ライスケーキを食べてきました。ん? ボリュームたっぷりだけど何かが足りない。なんだろう。

黄金の味
プレミアムビール「白穂乃香」は「表参道焼肉 KINTAN」で780円でした。

 ランチタイムですが肉にはビールが欲しい。「白穂乃香」は780円でした。ランチからちょっと贅沢って? 夏休みにはこれくらいよいでしょう。ライスケーキだし、お祝いです。

黄金の味
いただきまーす。こう見ると牛肉ライスケーキ、やはり大きい。

 ケーキカット(お箸ですが)! 肉に皿のソースを少し付けてライスと一緒に。

 んーーー、うまーい!!

黄金の味

 素直に、肉がおいしいです。厚みがあるランプは噛めば噛むほど旨みが出てきてありがたいことこの上ない。さすが和牛! さすがKINTAN!! 黄金の味が絡んでいますが主張が強いわけではなく、香りや甘いコクを加えている感じ。

黄金の味
玉子を割ってトロ~ッと! 金箔はご存知のように味はしません。ですが「金を食べている」という高級な気分。
黄金の味
ガーリックライスを玉子と絡めて食べると至福。

 黄金の味って白いご飯が進むじゃないですか。食べる前は「ガーリックライスじゃなくて普通の白いご飯でもよかったのに」と思っていましたが、いざ口にしてみるとガーリックライスがおいしい!

 下味に黄金の味を使っているそうですが、ガーリックの華やかな香りがするのに主張が強すぎるわけではなく、まろやかな味わいです。黄金の味って、冒頭にも書きましたがりんごや桃、梅などの果実類が入っているので、適度な酸味があってまろやかなのですよね。素材の味を引き立てているようです。

黄金の味
食後にはデザートも。デザートの内容は日替わりです。

 肉がたっぷりなので、もう少しガーリックライスがあってもいいかなと思いました。もともとかなりのボリュームですが。

 全体的に“焼肉ライスケーキ”という言葉のダイナミックさに対して、上品な味でした。ランプのおいしさが引き立っています。ビール(白穂乃香!)を片手に優雅にランチタイムを楽しめる感じ。ボリュームこそ多いですが、女性にもオススメです。

 1500円という価格はランチにはちょっと高いと感じますが、KINTANの人にきいたところ「原価が倍以上かかっているから、本来ならこの額で提供できない。かなりコスパがよい」ということ。休暇の日のちょっと豪華なお昼にでもいかがでしょう。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking